So-net無料ブログ作成
錦織がストレート勝利で3回戦進出。 ブログトップ

【速報】錦織圭がストレート勝利で3回戦進出。次戦はシャポバロフ[ATP500 ワシントンD.C.] [錦織がストレート勝利で3回戦進出。]

【速報】錦織圭がストレート勝利で
3回戦進出。次戦はシャポバロフ
[ATP500 ワシントンD.C.]

錦織がストレート勝利.GIF
※写真は「ウィンブルドン」での錦織
(photo by John Patrick Fletcher/
Action Plus via Getty Images)



「ATP500 ワシントンD.C.」
(アメリカ・ワシントンD.C./
7月30日~8月5日/ハードコート)の
大会3日目、男子シングルス2回戦で
第7シードの錦織圭(日本/日清食品)が
ドナルド・ヤング(アメリカ)と対戦。
第2セットも錦織が6-4で取り、
6-3、
6-4の
ストレートで
錦織が勝利し、
3回戦進出を決めた。

試合時間は1時間24分。

勝利した錦織は、
デニス・シャポバロフ(カナダ)と
3回戦で対戦する。

シャポバロフは
ダニール・メドベージェフ
(ロシア)を破っての勝ち上がり。


第2セットはヤングのサービスから。
第1ゲームでいきなりブレークした
錦織は、第2ゲームをキープして
リードを保った。

そして第2ゲームが終わったところで
ヤングがトレーナーを呼んだ。

右の腰の辺りに痛みがあるようで、
メディカルタイムアウトを取り、
マッサージなどの治療を受けていた。

突然の試合中断に錦織も少し
戸惑ったのか、第3ゲームは
ヤングに優位に立たれ、
攻めきることができなかった。


その後はお互いにキープが続くが、
第8ゲームでデュースの末に
ヤングにブレークポイントを
握られてしまう。


錦織も必死にボールを追ったが、
ブレークバックされて
ゲームカウント4-4の
イーブンに戻されてしまった。


しかし錦織は直後の
第9ゲームで0-40と
3本のブレークポイントを握る。

2本しのがれたところで
ヤングがダブルフォルトを犯し、
錦織が再び1ブレークアップとした。


そして錦織のサービング・
フォー・ザ・マッチとなった
第10ゲームで錦織は厳しい
コースを攻めてマッチポイントを
握ると、最後はサービスエースを
決めて第2セットを奪い、
3回戦進出を決めた。


(テニスデイリー編集部)


TENNIS DAILY更新日:2018/08/02

https://gunosy.com/articles/RVIWl


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
錦織がストレート勝利で3回戦進出。 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。