So-net無料ブログ作成
錦織圭 ウインブルドン開幕戦 ブログトップ

錦織圭が「友人」を倒して初戦突破。次戦は「問題児」でまたやりにくい ウインブルドン開幕戦 [錦織圭 ウインブルドン開幕戦]

錦織圭が「友人」を倒して初戦突破。
次戦は「問題児」でまたやりにくい
ウインブルドン開幕戦


錦織圭が「友人」を倒して初戦突破.GIF
同門対決を制した錦織圭に笑みはなく
......photo by AFLO


試合が終わったときの彼の顔に、
笑みはほとんどなかった。

ネット際で対戦相手と握手を交わし、
労をねぎらうように肩を叩く。

同じIMGアカデミーを拠点とする
4歳年少者との対戦は、
「もし選べるなら、
友人との試合は避けたい」
一戦であった。

クリスチャン・ハリソン
(アメリカ)は、
予選あがりの198位。
グランドスラム本戦は
今回が2度目であり、
錦織圭とは実力や経験の面でも
大きな開きがあることは間違いない。


ただし、その差を縮めかねない
要素が、ウインブルドン開幕戦の
コートにはいくつか
散りばめられていた。

ひとつは、強風――。

雲ひとつないこの日の
ロンドン上空には強風が吹き抜け、
ただでさえイレギュラーなどが
多い芝でのプレーを、
より困難なものにしていた。
 
さらには、ハリソンが放つ
回転の少ない低い打球は、
芝との相性がいい。

予選の3試合を上がってきた
相手には、芝での実戦慣れと
自信もある。


角度をつけた相手の
ショットに走らされながら、
錦織は「芝でいいボールを
打てている。


これで予選を上がって
きたんだろうな」と
感じていた。

第2セットは、ネットプレーや
ドロップショットにロブなど
多彩なショットを操りはじめた
ハリソンの前に、錦織は後手に
まわりセットを失った。


第3セットも互いに
ブレークを奪い合う、
競った展開となる。

もつれこんだタイブレークでも、
ダブルフォールトでほしい
ポイントを落とすなど、
危ない場面も幾度かあった。


それでも終盤に向かうにつれて、
錦織はサーブをはじめショットの
精度を高めていく。

このセットを錦織が取った時点で、
極限まで張り詰めていたハリソンの
集中力と闘争心の糸が幾分、
緩みもしただろう。


第4セットの序盤で一気に
リードを広げた錦織が、
そのまま勝利まで走り切った。


「今日は風があったので、
難しくなることは想定していたが、
なかなか気持ちいい試合には
ならなかった」と、
試合後の錦織は素直に認める。


「気持ちいい試合」に
ならなかったのは、
錦織のプレーを熟知する
相手が、そうさせてくれなかった
側面もあったはずだ。

たとえば錦織との対戦が決まった後、
ハリソンは父親であるコーチに
球出しをしてもらいながら、
錦織の高速リターン対策を
繰り返していた。

失うものはなく、
なおかつ緻密な策を
たずさえ全力で向かって
きた友人との戦いが、
難しいものだったのは当然だ。


加えるなら、キャリアを
あきらめても不思議ではない
大ケガを幾度も負い、
その度にコートに戻ってきた
ハリソンに、錦織は深い
敬意を抱いてもいた。


「彼はツアーでもっとも努力する人。
自分もケガが多いけれど、
僕以上に多くのケガを乗り越えてきた」
と弟分を評する声には、
どこか自分の姿を重ねるような
痛みもにじむ。

その「愛着を覚える選手」に向けて、
錦織は
「彼がメインドローで
プレーしているのがうれしい。
必ずトップ100に入って
こられるはず」と
熱いエールを送った。


なお、余談になるが、
皆が「いいヤツ」と声を揃える
ハリソンもまた、他人の痛みに
敏感であるようだ。

IMGアカデミーを拠点としていた
西岡良仁が昨年3月に
前十字じん帯を損傷したとき、
同じケガを経験したことのある
ハリソンは、すぐに
労(いたわ)りの言葉とともに、
「自分のときはこのような
治療やリハビリを試した」と
助言のメッセージを送って
きたという。


話を今日の試合に戻すと、
錦織は8本を数えた
ダブルフォールトも含め、
「修正しないといけないところ」
を初戦のコートから持ち帰り、
「レベルを上げていかないと、
この先もちろん勝てない」と
気を引き締めた。

その意味では、次の試合は
プレー面では今日以上に
難解ではあるが、
心理面では戦いやすい
相手かもしれない。


2回戦で対戦する
バーナード・トミック
(オーストラリア)は
予選からの参戦であり、
しかも予選決勝で敗れながら
本戦に欠場者が出たため、
繰り上がり出場した
「ラッキールーザー」。

ただし、現在のランキングこそ
184位だが、7年前には18歳にして
ウインブルドンベスト8進出を
果たした、かつての
「未来のスター候補」だ。


しかも、芝をもっとも得意とし、
スライスを主軸とした独特の
リズムに相手を引きずり込む
試合巧者。

なお、成績を大きく下げたのは、
コート内外の素行が原因で、
常に周囲と軋轢を生み、
テニスと真剣に向き合う
時間が限られてきたためである。


そんな3歳年少者を、錦織は、
かつてはライバル視し、
後にはその挙動を
「自分にはできない」
不可解なものとして見て
きたきらいがある。

次の対戦では
「やりにくい相手」と
危険視するのも、
戦い方への迷いだろう。


芝は錦織にとって決して
得意なコートではなく、
戦い方にしても
「まだまだ模索中」だという。

その彼が試合後に満面の笑みを
見せたとき、未踏の”この先”への
道がひらけるはずだ。


内田暁

●取材・文 text by Uchida Akatsuki




webスポルティーバ7/4(水) 16:51配信



最終更新:7/4(水) 16:51


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20180704-00010008-sportiva-spo

⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。





nice!(1)  コメント(0) 
錦織圭 ウインブルドン開幕戦 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。