So-net無料ブログ作成
キンコン西野がアニメ映画監督デビュー ブログトップ

お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣がアニメ映画監督デビュー「えんとつ町のプペル」を映像化 [キンコン西野がアニメ映画監督デビュー]

お笑いコンビ「キングコング」西野亮廣が
アニメ映画監督デビュー
「えんとつ町のプペル」を映像化

キンコン西野3.GIF

ディズニーを超える! 

お笑いコンビ「キングコング」の
西野亮廣(36)が、
アニメ映画の監督としてデビューすることが
18日、分かった。

これは西野自身が描いて約30万部の
ベストセラーとなった
絵本「えんとつ町のプペル」の映画化で、
2019年の公開を目指している。

お笑い関係者によると西野は世界で
勝負する気でいるという――。

アラフォー芸人の
“セカンドキャリア”が最近、
にわかにクローズアップされている。

米国に拠点を移した「ピース」の
綾部祐二(39)が15日に活動を開始。

楽しんご(38)は同日、
改名した上で俳優に転身すると宣言した。

岐路に差しかかる芸人が出てきた中、
歯に衣着せぬ発言でたびたびネット上を
“炎上”させてきた西野が、
メガホンを取ることになった。

自身が描き、絵本作家名義
「にしのあきひろ」で昨年10月に
発売して異例のヒットとなった
絵本「えんとつ町――」をアニメ映画化し、
その監督を務めるというのだ。

お笑い関係者は
「本人は『ディズニー映画を超える!』と
息巻いているらしい。

昨年、『君の名は。』が大ヒットした
アニメ映画界に殴り込みをかけることになる。

公開は19年を目指していて、
声優には豪華俳優陣を起用するようだ」と
声をひそめて明かした。

お笑い界から映画監督に挑戦した
芸人といえば、
“先駆者”北野武監督
(ビートたけし=70)を筆頭に
「ダウンタウン」松本人志(53)、
「品川庄司」品川ヒロシ(45)、
劇団ひとり(40)、
板尾創路(53)など、
最近は増加傾向にある。

「西野は監督挑戦のタイミングも
“適齢期”と言える。
長編映画の監督デビューを果たしたのは、
たけしさんが42歳、松本さんは43歳、
品川さんは36歳と、いずれもアラフォー。

19年公開なら西野は38歳
(7月3日以降は39歳)に
なっているし、機は熟した感がある」

(同)

西野が絵本制作にのめり込んだ
きっかけは、タモリ(71)だったという。

もともと絵画好きだったが約10年前、
飲み会の席でタモリから
「絵を描いたらどう?」と
勧められ決意を固めた。

一心不乱に描き続けて、
処女作絵本「Dr.インクの星空キネマ」を
完成させ、にしのあきひろ名義で
09年に絵本作家デビュー。

それ以降、5作描いてきた。

ところが、芸人と絵本作家という
二足のわらじが一部から批判を浴び、
昨年6月には“芸人引退”を
宣言したこともある。

「確かに一時に比べると、
テレビ出演などは激減したが、
キングコングとしては吉本の劇場に
出演して定期的に漫才はやっている。

今後は芸人、絵本作家に加え、
映画監督という“三足のわらじ”を
履くつもりなのでは」
(構成作家)

最近の西野は政治色の強い活動にも
進出している。

20日には千葉市内で、
幕張メガフロート構想などを語る
トークショーに出席する
予定もあるという。

いろんな分野に手を出して
“鬼才芸人”とも言われる西野。

果たして映画監督としては、
どんな評価を受けるのか?

東スポWeb 5/19(金) 16:38配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170519-00000036-tospoweb-ent


キンコン西野がアニメ映画監督デビュー ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。