So-net無料ブログ作成
渡辺直美、「ネガティブだからこそ今の自分がある」 ブログトップ

インスタグラムの女王・渡辺直美、「ネガティブだからこそ今の自分がある」意外な素顔 [渡辺直美、「ネガティブだからこそ今の自分がある」]

インスタグラムの女王・渡辺直美、
「ネガティブだからこそ今の自分がある」
意外な素顔

インスタの女王・渡辺直美.GIF
公開中の『映画 きかんしゃトーマス 走れ!世界のなかまたち』
では声優に挑戦している渡辺直美 写真:鈴木一なり

フォロワー600万人以上を誇る
インスタの女王、渡辺直美。

女芸人として活躍しながら
ファッション性も兼ね備え、
いまや出演CMも数多い。

そんな彼女が大事にしているのは、
毎日のサプライズだという。

多くの人に愛される渡辺、
「ネガティブだからこそ
今の自分がある」と語る、
意外な心がけとは?

◆毎日がエンタテインメント、
“うまくいかなかった”ことも笑いに

「ミュージカル系の歌い方をするのが
難しくて、何度もやり直しました。
ただ、歌入れ中は、監督は別室に
いらっしゃって私の後ろの
モニターから指示が飛んでくる
形でしたので、注意される度に口では
『はーい』とか言いながら、
顔は白目をむいてふざけていて(笑)。
そしたら目の前にまさかのカメラが
あって、監督に全部見られて
いたんですよ。
すっごい焦りましたけど、
そうやってこっそり顔で
遊ぶのが好きなんですよね」

渡辺直美が楽しそうにそう語ったのは、
声優を務めた
『映画 きかんしゃトーマス 走れ!
世界のなかまたち』での歌唱について。

たとえそれが“うまくいかなかった”
出来事でも、彼女はいつだって
笑いにしてしまう。

その日常は、まさにエンタテインメントだ。

◆インスタで話題の“なおみんビーバー”、
実は“ガガ”の代替案だった

驚異のエンタメ力で、渡辺の
インスタグラムは日本一の
フォロワー数を誇り、
最近はジャスティン・ビーバーの曲で踊る
“なおみんビーバー”動画も話題になった。
ちなみにこのネタは、
『東京ガールズコレクション2017』
(3月25日)で渡辺が披露した
レディー・ガガのモノマネの
代替案だったそう。

ガガに扮して飛んだ“ワイヤーアクション”が
できなかった場合、つまり
「自分を吊り上げるのが無理だったとき」に、
備えて考えていたもの。

そのため、“なおみんビーバー”は
「みんなの反応を見るためにちょっと
踊ってみただけ」らしいが、
あまりの面白さに2時間で50万回以上の
驚異の再生数を記録。

そのクオリティの高さは群を抜いているが、
インスタに画像や動画を載せるときの
こだわりやNGとしていることは
あるのだろうか。

「基本的にそのとき思ったことを
やっているだけ。
ただ、ごはん系とか自分の寝顔とか、
みんなが『やかましいわ!』って
思うようなのは載せないようにしていますね。
私が何を食べようが、
どんな顔をして寝ていようが
誰も興味ないんで(笑)。

そういう写真を否定しているわけじゃなく、
私がやることじゃないよねって思っていて。

逆に大事にしているのはサプライズです。

私、いい意味で『裏切られた!』って
誰かを驚かせることが大好きなんですよ。

例えば満員電車に乗って気分が落ちたとき、
私のインスタを見て『なにこれ!?』って
笑ったら、一瞬だけでもマイナスな
気持ちが消えるじゃないですか。

そうやって楽しいことを共有して、
ちょっとでもみんなにいい気持ちに
なってもらうことが、
私自身の最大の楽しみなんです」

◆「1日100回は笑いたい」、
人を喜ばせることを前提に

インスタに限らず、
テレビでもステージでも映画の声優でも、
「観てくれる人を喜ばせるのが大前提」。

そこからさらに
「何が出てくるかわからない」
ワクワクするような嬉しい驚きを
つねに発信したいと言う。

「私、1日100回は笑いたいと思っているので、
普段から“何をしようか?”とか
“何食べる?”とか、いつもワクワクして
いるんですよ。
だって、楽しみって口にした方が周りの
みんな楽しくなりません?
はしゃいだり笑ったりしていると
『あいつ、なに浮かれてんの?』って
思われるから抑えようっていう場面は
たくさんあると思うけど、
私はそれでも『楽しいね!』って
言っちゃいます。
そこで『えー、メンドクサイじゃん』って
言う人がいたら、『なんでなんで?』って、
それはそれで話が膨らむじゃないですか。

そうやって、できるだけ明るい方向へ
持っていきたい。
だから私、ネットで2ちゃんねるとかを
見る時も、みんなでボケ合っている
ような明るいスレッドしか見ないんですよ。

そういうところでネガティブな方に
行ってしまうと、ただでさえ毎日が
ハッピーなわけじゃないのに、
余計に落ちてしまう。

あえて暗いところに行かないで
明るいことをいっぱい考えていたいなって
思うんですよね」

◆「ポジティブの押し売りはしたくない」、
目指すは松岡修造

渡辺の話を聞いていると、
大きく包み込んでくれそうな
ビジュアルとオーラも相まって、
気持ちが癒され温まっていく。

だが本人は「だからといって、
ポジティブの押し売りはしたくないんです」
とキッパリ。

「落ち込んでいる人を
『元気になろうぜ!』って無理やり
上げようとするのは好きじゃない。

例えば松岡修造さんはポジティブって
言われているけど、松岡さん自身は
ひと言も『ポジティブに行こうぜ』
なんて言っていないんですよ。
その姿勢やアドバイスで
“ポジティブな気持ちにさせてくれる”
だけで、決して押しつけていない。

私もそういうポジティブでありたいんです。

なぜなら私自身、
根はすごくネガティブだから。

でもそのおかげで先のことを考えて
備えたり努力もできるで、
仕事で大きな事故もなく、
1個1個を楽しく過ごせている。

だから、ネガティブな人は
ポジティブになろうって頑張るんじゃなくて、
ネガティブだからこそ今の自分があるって、
長所のひとつとして認めて欲しい。

その方がよっぽど
“ポジティブ”だと
思いますよ」

ちなみに
『映画 きかんしゃトーマス 走
世界のなかまたち』で渡辺が
演じた女の子の
機関車キャラクター・アシマこそ、
「人も自分もありのままを受け入れる」
真のポジティブ思考。

渡辺にとっての理想の女性だとか。

「アシマはいっさい怒らず批判せず、
上手に転がしてトーマスの良さを
引き出していく。それこそが彼女の力量で、
ホントに海のように器がデカいんです。

そんなアシマを参考にすれば絶対に
モテますから、この映画はぜひ大人の
女性にも観てほしい」と、
決して子ども向けにとどまらない作品の
見方を提示。

「私もこれからはアシマを目指して
生きていきます」と笑う渡辺は、
おおらかで明るい魅力に満ち溢れていた。

(文:若松正子)

オリコン4/13(木) 8:40配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170412-00000349-oric-ent



渡辺直美、「ネガティブだからこそ今の自分がある」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。