So-net無料ブログ作成
幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名 ブログトップ

幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名 18年に披露興行 37年ぶり [幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名]

幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名 
18年に披露興行 37年ぶり

幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名.GIF
「二代目松本白鸚、十代目松本幸四郎、八代目市川染五郎
襲名披露記者発表」を行った(左から)松本金太郎、市川染五郎、
松本幸四郎

歌舞伎俳優の松本幸四郎(74)、
市川染五郎(43)、
松本金太郎(11)が8日、
都内で会見を開き、
それぞれ二代目松本白鸚、
十代目松本幸四郎、
八代目市川染五郎を襲名することを


襲名披露興行は2018年1、2月の
東京・歌舞伎座を皮切りに全国各地で行う。

直系の親・子・孫の三代で同時に
襲名するのは1981年(昭56)以来、
37年ぶりとなる。

37年前も初代白鸚、九代目幸四郎、
七代目染五郎を高麗屋が三代で襲名している。
父が名乗った白鸚を襲名するということで
幸四郎は
「今日の日のために(歌舞伎を)
やってきたのでは、しみじみと思える
くらい幸せでございます」と
感無量の様子で喜んだ。
三代での襲名披露は予想もしていなかったと
明かし
「半分くらい“神ってる”」と
流行語を交えて表現。
「来年悔いのないように幸四郎を務めまして、
息子、孫に受け渡したい」と語った。

「松本幸四郎」の大名跡を受け継ぐ
市川は「自分の気持ちはただただ
感激しております」と笑顔。
「ずっと歌舞伎の舞台に立ち続けたい、
高麗屋が代々演じてきた役を自分が
体現したい。
その気持ちは名前が変わりましても
変わりません。
命のあるかぎり続けたい」と
力を込めた。

金太郎は
「八代目市川染五郎を襲名させて
いただきます。よろしくお願いいたします」
と緊張の面持ちであいさつした。

襲名後、幸四郎、染五郎は歌舞伎以外で
やってみたい役を聞かれ、幸四郎は
「お客様の
『白鸚のラ・マンチャ(の男)が見たい』と
いう声があればそのご要望に応えたい」と
意欲。

対して染五郎は
「1人でも多くの人に歌舞伎が
好きなんだと伝えたい。
“歌舞伎”という言葉にこだわって
やっていきたい」と
話していた。

スポニチアネックス 12/8(木) 18:02配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161208-00000156-spnannex-ent



幸四郎 親・子・孫三代が同時襲名 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。