So-net無料ブログ作成
藍井エイル ブログトップ

藍井エイル、当面の間活動休止 度重なる体調不良「休養が必要と判断」 [藍井エイル]

藍井エイル、当面の間活動休止 
度重なる体調不良「休養が必要と判断」

藍井エイル1.GIF

歌手・藍井エイルが、度重なる体調不良により
当面の間活動を休止することが18日、わかった。
同日、公式サイトで発表された。

サイトでは「重要なお知らせ」のエントリーで
「この度、藍井エイルは度重なる体調不良により、
当面の活動をお休みさせていただく
こととなりました」
と報告。

「本人とスタッフとで協議した結果、
休養が必要と判断し、そのため出演を
予定しておりました以下イベントに
関しまして出演を見合わせることと
なりました」
と記した。

なお、イベントは、
あす19日の
『AFA Thailand 2016』、
21日の
『お台場みんなの夢大陸2016 めざましライブ』、
26日の『Animelo Summer Live 2016刻-TOKI-』、
2017年1月14日の『ANIMAX MUSIX 2017 OSAKA』
が掲載され
「ライブを楽しみにされていたお客様、
ならびにイベント関係者の皆様、
出演者の皆様には多大なご迷惑、
ご心配をおかけいたしますこと、
心より深くお詫び申し上げます」
と謝罪。

チケットの取り扱いについて
「該当公演のお問い合わせ先までお願いします」
とし
「今は一日も早く藍井エイルの体調が
回復するよう努めてまいりますので、
ご理解のほど、何卒よろしくお願い致します」
と呼びかけている。

オリコン 8月18日(木)9時30分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160818-00000308-oric-ent


Mステでも見せた藍井エイルの魅力 [藍井エイル]

Mステでも見せた藍井エイルの魅力

藍井エイル.GIF


昨今、アニメソングを歌うシンガーたち
躍進が止まらない。
なかでも、先日
『ミュージックステーション』
(テレビ朝日系)で迫力の
パフォーマンスを見せた藍井エイルは、
まさに“ブレイク前夜”といったところ。

もはやアニソンにとどまらない活躍
ぶりが注目されている。

◆新曲「翼」が音楽配信サイトで軒並み1位を獲得
“アニソンの歌姫”という枠を超え、
音楽シーンを代表するアーティストへ。

彼女はいま、本格的なブレイクに
近づきつつあるようだ。

藍井エイルの新曲「翼」
(TBS系アニメ
『アルスラーン戦記 風塵乱舞』
オープニング)が大きな注目を
集めている。
7月17日から先行配信が開始された
この曲は、iTunes、レコチョク、
mora、オリコンミュージックストア
などの音楽配信サイトで1位を獲得し、
自身最高記録となる19冠を達成。

さらに7月22日に
『ミュージックステーション』
(テレビ朝日系)でも同曲を披露し、
「もっと聴きたくなる歌声」
「命削って歌ってる感じがたまらん」
「衣装も素敵」
などSNSでも話題となった。

番組内では“アニソン界の新歌姫”
と紹介されていたが、起伏の激しい
メロディを表情豊かに描き出す
ボーカル、クールビューティ系の
ルックスは幅広い視聴者に強く
アピールしたはずだ。

◆圧倒的な歌唱力を武器に、
往年のJ-ROCKの歌唱も

2011年にアニメ『Fate/Zero』の
エンディングテーマ「MEMORIA」
でデビューを果たした藍井エイル。

その魅力の中心はやはり、
圧倒的な歌唱力だろう。

学生時代はロックバンドで
活動していた彼女は、
デビュー以降のライブ活動のなかで、
強烈なダイナミズムと繊細な表現力を
共存させたボーカルスタイルを
進化させてきた。

シングル作品に「BREAK OUT!」
(相川七瀬)、
「春~Spring~」(Hysteric Blue)、
「深い森」(Do As Infinity)と
いったJ-ROCKのカバーを収録して
いるのも、彼女自身のルーツを
伝えるとともに、幅広い層のリスナーに
訴求するポイントになっている。

また、デビュー当初のビジュアルでは
顔を半分隠すなど、ミステリアスで
クールというイメージを押し出した
ことも、他の女性シンガーとは
一線を画す、
独自の存在感へと結びついたようだ。

◆一般層でも知名度アップ、
世界13ヵ国でライブも開催
3rdアルバム『D’AZUR』がオリコン週間
ランキングで4位を記録。

さらに2015年11月に初の日本武道館公演
を成功させ、水樹奈々、LiSAなどに続く
アニソン界の新星としてのポジションを
獲得した藍井は、情報番組『スッキリ!!』
(日本テレビ系)、
音楽特番
『音楽の日×CDTV朝まで夏フェス!2016』
(TBS系)に出演するなど、
今年に入ってからアニソンの枠を超えた
活動を活性化。

強さ、カッコ良さを押し出した緊張感
あふれるパフォーマンスは
“既存のアニソンシンガーやアイドル
とはまったく違う、新しい個性”
として認知され、彼女の知名度を
大きく引き上げることにつながった。

ドラマティックな旋律と疾走するサウンド
切実なメッセージ性を兼ね備え
藍井エイルの魅力をバランス
よく引き出す新曲「翼」は、
本格的ブレイクの直接的な
きっかけとなるはずだ。

これまでに日本を含め世界13ヵ国で
ライブを行い、7月24日には上海で
開催された中国最大級の音楽イベント
『Bilibili Macro Link 2016』で
約1万人規模のライブを繰り広げる
など海外での人気も高い藍井は、
10月19日に初のベストアルバム
『BEST-E-』
『BEST-A-』のリリースを控えている。
「IGNITE」
「ラピスラズリ」
「シリウス」
などの全シングルのほか人気曲を網羅、
さらに新曲も1曲ずつ収録される本作は、
デビュー5周年の集大成であることは
もちろん、これから彼女の音楽を知る
リスナーにとって最適な入門編となる
はず。

さらなる飛躍の時期を迎えた彼女へ
の注目度は、ここからさらに
高まっていくだろう。
(文/森朋之)

オリコン 7月30日(土)8時40分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20160729-00000398-oric-musi




藍井エイル ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。