So-net無料ブログ作成

香取慎吾、渡米・引退報道の引き金となった『スマステ』スタッフへの打ち明け話 [香取慎吾 渡米・引退報道スタッフへの打ち明け話]

香取慎吾、渡米・引退報道の引き金となった
『スマステ』スタッフへの打ち明け話

香取慎吾4.GIF
デザインTシャツつき『服バカ至福本』(集英社刊)

11月22日、
『日本財団パラリンピックサポート
センター』が主宰するイベント、
『パラフェス2016』が
国立代々木第一体育館で開催される。
“目玉”企画のひとつとなっているのが
SMAP香取慎吾が描いた巨大壁画だ。
「昨年11月の同財団新オフィス設立に
向けて、香取さんが10日間、
延べ60時間をかけて描いた
縦2・6メートル、横5メートルの
大作です。

今回はその実物大レプリカが
展示されます。
同時に完成までのメーキング映像
も流れます」
(広告代理店関係者)

昨年11月に就任した応援サポーターと
しての役割も解散によって事実上、
終了するSMAP。
残念ながら、これがパラリンピックへの
最後の“応援”になりそうだ。

「『i enjoy!』をテーマに描いた
壁画をメンバーに披露した際、
とくに香取さんの才能を認めている
木村拓哉さんは、ところどころに
ちりばめられた『愛』の絵に、
“なるほどね。これはすごいよ”と
賛辞を送っていました」
(前出・広告代理店関係者)

これまでも絵画やオブジェなどなど、
アート活動に勤しんできた
芸術家肌の香取。
『SmaSTATION!!』
(テレビ朝日系)が発行する
フリーペーパー『SmaTIMES』の
裏表紙には、得意のイラストをいまも
描き続ける。
そんな『スマステ』は今年10月で
放送15周年を迎えている。
当時、24歳で生放送を担当することに
なった香取にかかったプレッシャーは
計り知れなかっただろう。

「『報道ステーション』に
『ミュージックステーション』
『~ステーション』は
同局の看板番組です。
当初は飄々とこなしていた香取さん。
でも、次第に国内外からの
緊急ニュースやさまざまな
アクシデントなど、生放送ならではの
現場を経験していくうちに
“怖くなってきた”と漏らすことも
多くなりました」
(制作スタッフ)

そんな香取を陰で支え、苦楽をともに
してきたスタッフたち。
当然、絆は深まり反省会では本音で
意見を言い合える関係が
構築されていった。

月イチで食事会も開いていたという
彼らは仲間、いや、香取で言う
なまか”なのだ。

そして10月上旬、香取ら一行は
六本木界隈の駅からほど近い店で、
食事会を兼ねたささやかな
お祝いをしていた。
「“15周年だし、ちょっと行きますか”と
軽い気持ちで、スタッフがいつものように
慎吾クンを誘ったそう。
10人にも満たない小さな会は六本木という
土地柄、外国人客が多く訪れる
レストランバーでスタートしたみたいです」
(テレビ局関係者)

各々が15年間の思い出話に花を咲かせる中、
おのずと“これから”の話がポツリポツリと
出始めたという。

「“海外のファッションニュースなんかも
取り上げたいよね”といった話が出る中、
お酒もまわってきたスタッフの1人が、
“もっともっと、20周年、いや30周年を
目指しましょうよ!”と盛り上がりが
最高潮に達したとき、慎吾クンが
“ちょっとゴメン”と切り出したそう」
(前出・テレビ局関係者)

それまで場を見守るようにおとなしくして
いた主役のひと言に、静まり返るスタッフたち。
すると、こんなことを打ち明けだしたという。
「しばらくは芸能活動を休業して、
アメリカとかヨーロッパに行って
ファッションやアクセサリーの勉強をしたいんだ。
“8月いっぱいまでは仕事を受けるけど、
9月以降は入れないで”って
(ジャニーズ事務所には)言っている」

契約更新となる9月を機に、
どうやらファッション、
アート留学を考えているようだ。
後に『Shingoブランド』を立ち上げる夢も
あるのかもしれない。

そのために“休業”するのだという。
「おそらくは一部が漏れ伝わって、
《芸能界引退》
《アメリカに行く》などと
報道されたのでしょう。
ですが香取が言う休業をジャニーズが
受け入れない場合、
それは“事務所を辞める”ことになり、
結果として引退になるのかもしれません」
(芸能プロ関係者)

I元マネージャーの退社に木村の“裏切り”、
解散騒動を通じてショックに打ちひしがれた
であろう香取。
だが、いまの彼の様子は違うようだ。

「“告白”した香取は非常にスッキリした
面持ちだったと聞いています。
来年1月31日で40歳の節目を迎えるに
あたって自身の進路をもともと模索していた。

その矢先に騒動が起こり、皮肉にも背中を
押すことになったのかもしれません。
これは彼にとって引退ではないのです。
キムタクとも別のフィールドに立てば
自然と関係も修復されることでしょう。

あとは、解散撤回を叫び続けている
ファンが納得してくれるか、
それが悩みどころでしょうね」
(前出・芸能プロ関係者)

香取本人の口からすべてが語られる日は
そう遠くはないのかもしれない。
週刊女性PRIME更新日:2016/11/22

https://gunosy.com/articles/RJdbL

デザインTシャツつき『服バカ至福本』(集英社刊)


nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。