So-net無料ブログ作成
令和初「Mステ」で「放送事故」の皮肉 ブログトップ

令和初「Mステ」で「放送事故」の皮肉「ハプニング続出」振り返る番組内容で...  [令和初「Mステ」で「放送事故」の皮肉]

令和初「Mステ」で「放送事故」の皮肉
「ハプニング続出」振り返る番組内容で...  

「ハプニング続出」.GIF
ミュージックステーション公式サイトより

2019年5月10日、令和になって
初の「ミュージックステーション」
(テレビ朝日)が生放送され、
Hey! Say! JUMPや
ゴールデンボンバー、
きゃりーぱみゅぱみゅさん
などが出演した。


番組はゴールデンボンバーが
新元号発表に合わせてリリースした
「令和」を披露するなど、

新時代の幕開けを感じさせる
内容だった。


しかしその一方、
思わぬ「ハプニング」もあった。


■ナレーション流れず
「カメラ!カメラ!」の声


異変が起きたのは番組冒頭。

出演者を紹介する映像に対して
ナレーションが全く流れず、
スタッフのものと思われる
「カメラ!カメラ!」
といった慌ただしい声が
わずかに聞こえてきたのだ。


その状態は30秒ほど続いた。


MCであるスタジオのタモリさんと
並木万里菜アナウンサーが映り、

並木アナが
1曲目の紹介をするときには異変は
なくなっていたが、ツイッターでは
「放送事故」がトレンド入り。

困惑する視聴者の声が次々と
寄せられた。

「…粛々と始まった令和元年
最初のMステ」

「静かすぎる...令和元年一発目の
Mステが放送事故とか」

「テレビがおかしくなったかと
思ったら放送事故だった」

並木アナ
「番組の冒頭で音声トラブルが
ございました」


1曲目の
きゃりーぱみゅぱみゅさんが
歌い終えると、

並木アナは
「先ほど番組の冒頭で
音声トラブルがございました。
申し訳ございませんでした」
と謝罪。

その後、目立ったトラブルは
なかった。


また、その日は、
シンガーソングライターで
プリンセス プリンセスの
ボーカルを務めていた、
岸谷香さんが出演し
「世界でいちばん熱い夏」
を披露。

番組後半では
プリンセス プリンセスが
1989(平成元)年に唯一
出演した11月10日の放送を
「ハプニング続出!? 」
として振り返っていた。

1986(昭和61)年から
30年以上続く長寿番組の
ハプニングに対し、

視聴者からは

「無音という貴重な放送事故」

「珍しいね」
といったコメントも
寄せられている。



J-CASTニュース5/11(土) 12:45配信

最終更新:5/11(土) 14:06


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190511-00000003-jct-ent










nice!(0)  コメント(0) 
令和初「Mステ」で「放送事故」の皮肉 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。