So-net無料ブログ作成
星組 紅ゆずると綺咲愛里が同時退団発表 ブログトップ

星組 紅ゆずると綺咲愛里が同時退団発表「ちぎみゆ」以来 [星組 紅ゆずると綺咲愛里が同時退団発表]

星組 紅ゆずると綺咲愛里が
同時退団発表「ちぎみゆ」以来


紅ゆずると綺咲愛里.GIF
紅ゆずるは、持ち味の軽快さを生かした
主演作「霧深きエルベのほとり」は
15日に東京公演開幕を控える。
右がトップ娘役の綺咲愛里(撮影・村上久美子)


宝塚歌劇団は5日、星組トップ
紅(くれない)ゆずると、
トップ娘役綺咲愛里
(きさき・あいり)が
10月13日付で同時退団することを
発表した。


紅は6日午前に大阪市内で、
綺咲も同日午後、
兵庫県宝塚市内で退団会見を行う。

トップと、トップ娘役が同時に
退団を発表するのは、
16年11月に会見した
前雪組トップコンビの
早霧せいな・咲妃みゆ以来。


男役優位の劇団にあって、
同日の発表、会見は異例だったが、
星組コンビも
「ちぎみゆ」コンビに続いた形。


紅主演の星組本拠地作
「霧深きエルベのほとり」

「ESTRELLAS~星たち~」は、
前日4日に宝塚大劇場で千秋楽。


口は悪いが情に厚い主人公を好演し、
15日からは東京宝塚劇場公演の
開幕を控えている。


5組最上級生トップの紅は、
173センチの身長を生かした
スタイリッシュな立ち姿と、
綿密な役作りに加えて
大阪出身らしい軽快な芝居運び、

達者なトークと、多彩な顔で
ファンを魅了。

テレビ朝日系「徹子の部屋」や、
一昨年は「ドリームジャンボ宝くじ」の
テレビCMに出演するなど、

宝塚歌劇を一般に広める
“広報活動”にも貢献した。


サヨナラ公演は
「ミュージカル・フルコース
『GOD OF STARS-食聖-』」

「スペース・レビュー・ファンタジア
『エクレール・ブリアン』」。


兵庫・宝塚劇場で7月12日に開幕し、
東京宝塚劇場で10月13日に千秋楽。
同公演をもっての退団となる。


紅は02年入団。

星組に配属され、
以来、星組一筋。

トップ在位6年を超え
「レジェンド」
とも呼ばれた同じ大阪出身の
元トップ柚希礼音
(ゆずき・れおん)らを支えてきた。


前星組トップ北翔海莉
(ほくしょう・かいり)から
バトンを受け、16年11月に
星組トップ就任。

新人公演初主演の思い出作
「スカーレット・ピンパーネル」
が本拠地お披露目だった。


昨春は落語
「地獄八景亡者戯」
をもとにした異色ミュージカルに
主演するなど、お笑い好きらしく、
紅にしか出せない個性を発揮。


宝塚歌劇の台湾公演には
第1回に続き、昨秋の
第3回公演は主演で
凱旋(がいせん)した。


サヨナラ公演は、
そんな紅のキャリアを
生かした内容になる。


芝居は小柳奈穂子氏の演出で、
上海の総合料理チェーン
「大金星
(グランド・ゴールデン・スター)
グループ」が舞台。


上海、マカオ、シンガポール、
ドバイなど、アジア各地が
登場する
“アジアン・クッキング・コメディー”。


一方のショーは、
ベテラン酒井澄夫氏の作・演出で、
宝塚王道のクラシカルな魅力も持つ
紅が、世界各地を舞台に
歌い踊る様を表現する作品になる。


綺咲は10年入団。

星組に配属され、
12年に紅主演作
「ジャン・ルイ・ファージョン」で、
紅の妻役に抜てきされた。

兵庫県出身で、紅とは
“関西コンビ”。


新人公演でもヒロインを
複数回務め、

16年から「ヒガシマル醤油」の
イメージキャラクター。

同11月、紅のトップ就任と
同時に相手娘役に迎えられた。

紅ゆずると綺咲愛里-1.GIF
息の合ったデュエットダンスで魅了する
星組トップ紅ゆずる(左)と
トップ娘役の綺咲愛里(撮影・村上久美子)


日刊スポーツ2/5(火) 16:22配信

最終更新:2/5(火) 18:07


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190205-00471630-nksports-ent














nice!(0)  コメント(0) 
星組 紅ゆずると綺咲愛里が同時退団発表 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。