So-net無料ブログ作成
「はじこい」で深田恭子の人気再熱!? ブログトップ

「はじこい」で深田恭子の人気再熱!? アラサ―女性から絶大な支持を得る理由〈dot.〉 [「はじこい」で深田恭子の人気再熱!?]

「はじこい」で深田恭子の人気再熱!? 
アラサ―女性から絶大な支持を得る理由
〈dot.〉

深田恭子-4.GIF
深田恭子 (c)朝日新聞社

■F1層のハートをしっかり鷲掴み

女優・深田恭子(36)の女性人気が、
ここにきて急上昇している。

1996年に
ホリプロスカウトキャラバンで
2万人近い応募者の中から
グランプリを受賞。


1998年に放送された
「神様、もう少しだけ」
(フジテレビ)で
HIVに感染する女子高生を演じると、
瞬く間にブレイク。

以後、コンスタントに主演作を
量産しながら現在に至る。


キャリア20年強の人気女優で
ありながら、
「意外と代表作がない」と
言われがちな女優であることも
事実なのだが、現在放送中の
連続ドラマ
「初めて恋をした日に読む話」
(TBS系、以下「はじこい」)では、
「受験、就職、恋愛となにも
かもうまくいかなかった
ドジなアラサー女子役」を好演。


SNS上では
「やっぱり深キョンはかわいい」

「ドン臭い深キョンは
やたらリアル」

「この役は深キョンに
しかできない」
など、女性視聴者から
大絶賛ツイートが殺到しているのだ。

民放ドラマ制作スタッフは
次のように語る。

「深キョンの芝居は彼女に
しかできない独特な間合いや
セリフ回しなので、
ちょっとドジな役を
やらせたら右に出るものはいません。

今回の『はじこい』は東大受験に
失敗した過去を持ち、厳しい親と
同居しながら職場の三流予備校でも
居場所がなく、本気の恋愛もした
ことがないという役柄。


『親との確執』

『仕事の悩み』

『本気の恋』と、

ドラマ業界で最も重要視される
F1層(20~34歳の女性)に
広く訴求できる題材なんです。

この手の役が得意な女優としては
綾瀬はるか(33)や石原さとみ(32)
がいますが、より天然でドジな
テイストにリアリティーを
求めるならば、深キョン一択と
いうのがドラマ業界のセオリーに
なりつつあります」


とはいえ、深田も今や36歳。

同じ年齢の女優に目を向けると、

加藤あい(36)、吹石一恵(36)、
真木よう子(36)など結婚や
離婚が女優としてのキャリアに
影響を与えがちな年齢ともいえる。

だが、深田は20年もコンスタントに
女優業を続けながら、F1層のハートを
しっかり鷲掴みにしているのだ。

「ある意味、ストイックですよね。
これだけの美貌を持ちながら
独身を貫くその姿に、
同年代の独身女性は自分を
重ねたくなるのかもしれません。

『深キョンも独身なんだから、
私が結婚できなくてもまだ大丈夫』
と心の保険になってるというか(笑)。

とにかく、30代女性で深キョンを
悪くいう人は皆無ですよ。

今後もアラサー女子の悲哀や
恋愛を描いた物語は多数
作られていくと思いますが、

今は深キョン、綾瀬はるか、
石原さとみのホリプロ三銃士が
席巻しています。

それぐらい、いまの
ホリプロ女優は層が厚い。

少し前だと中谷美紀(43)、
竹内結子(38)、柴咲コウ(37)、
北川景子(32)ら
スターダスト勢
(中谷は2015年に独立)が
強かったのですが、

今後しばらくはホリプロ女優の
天下が続くでしょう」
(前出のドラマ制作スタッフ)



■恐ろしいまでのセルフ
プロデュース力を持つ

深田恭子-5.GIF
深田恭子 (c)朝日新聞社

女優として順調にキャリアを
重ねる一方、プライベートでは
サーフィンをこよなく愛し、
昨年発売された20冊目の
写真集「深田恭子写真集 
Blue Palpitations」も
スマッシュヒット。

これだけ写真集をリリース
している女優も類を見ないが、
これもまた深キョンだから
こその“なせるワザ”という。


スポーツ紙の芸能担当記者は
次のように語る。


「深キョンの写真集は、
健康美を強調した写真が多いんです。

ですから、女性ファンも手に
とりやすいと言われていて、
それがヒットの秘訣なんでしょう。

太すぎず細すぎない彼女の体形に
好感を持つ女性はたしかに
多いでしょうね。


また、36歳でサーフィンを
ガンガンやり、『趣味に生きてる』
というライフスタイルも世の女性に
好感を与えます。

女性にとって30代中盤とは
いろいろ隠したくなるお年頃ですが、
深キョンはむしろ年々解放感に
満ち満ちています。


このまま攻めまくって、
世界一キレイなアラフォー女優に
なってほしいですね」


TVウオッチャーの中村裕一氏は
深田恭子の魅力について、こう話す。


「あくまで画面からうかがい知る
ことしかできませんが、
今の彼女の人気は、自分の価値観を
しっかり認識したうえでの
マイペースな性格と、
そんな彼女のパーソナリティーを尊重し、
無理な要求をしないマネジメントが
見事にかみ合った結果では
ないでしょうか。


一般的に、女優は節目節目で
大胆な露出やイメージとは
異なるキャラに挑戦し、
ステップアップしていくものですが、
彼女の場合、それがまったくないのに、
ここまでの人気を得ているのは、
まさに奇跡と言ってもいい。


もし、自分でそこまで考えて
やっているとしたら、
恐ろしいまでのセルフ
プロデュース能力の高さです。

役の幅も意外と広く、
いい意味ですべて
彼女の色に染め上げてしまう、
実に不思議な存在の女優と
言えます。


これから先、40歳、50歳に
なってもずっと“深キョン”の
ままであり続けることでしょう」

ここにきて深キョン再評価が
沸騰している理由――。

実は、彼女による緻密で見事な
セルフプロデュースがなせる技
だったのかもしれない。

(ライター・藤原三星)




AERA dot.2/5(火) 11:30配信

最終更新:2/5(火) 13:13


https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00000070-sasahi-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20190130-00000070-sasahi-ent&p=2













nice!(0)  コメント(0) 
「はじこい」で深田恭子の人気再熱!? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。