So-net無料ブログ作成
錦織 全米OP4年ぶり決勝進出逃す ブログトップ

錦織圭 全米OP4年ぶり決勝進出逃す、天敵ジョコビッチに完敗で14連敗<男子テニス> [錦織 全米OP4年ぶり決勝進出逃す]

錦織圭 全米OP4年ぶり決勝進出逃す、
天敵ジョコビッチに完敗で14連敗
<男子テニス>

錦織 全米OP4年ぶり決勝進出逃す.GIF
ノヴァーク・ジョコビッチに完敗し、
4年ぶりの決勝進出を逃した錦織圭
[写真/ゲッティイメージズ]

全米オープン

テニスの全米オープン
(アメリカ/ニューヨーク、
ハード、グランドスラム)は
大会12日目の7日、
男子シングルス準決勝が行われ、
第21シードの錦織圭は
第6シードのN・ジョコビッチ
(セルビア)に
3-6,
4-6,
2-6
のストレートで敗れ、
2014年以来4年ぶり
2度目の決勝進出を逃した。


第1セット、序盤から硬いプレーの
錦織は正確に打ち分けてくる
ジョコビッチにミスを重ね、

第2ゲームでブレークを許す。
挽回を狙うも、精度の高い
ストローク戦を展開する
ジョコビッチから反撃の糸口を
見い出せず、このセットを落とす。


第2セットも流れに乗り切れない
錦織は第2ゲームで2本の
ブレークポイントを握ったが、
このチャンスを逃す。


第5ゲームではミスを重ねて
サービスゲームを落とすと、
2セットダウンの崖っぷちに
追い込まれる。


第3セット、巻き返しを
狙う錦織はポイントを
取ると声を出して自身を鼓舞。

しかし、試合を通して
タイミングの合わない
フォアハンドに加え
バックハンドでも
ミスを重ねると、
第3・第7ゲームで
ブレークを許す。

その後も息を吹き返すことができず、
天敵のジョコビッチに14連敗となった。


一方、3年ぶり3度目の優勝に
王手をかけたジョコビッチは、
決勝で第3シードの
J・M・デル=ポトロ
(アルゼンチン)と対戦する。

2009年覇者のデル=ポトロは
準決勝で第1シードの
R・ナダル(スペイン)の
途中棄権により9年ぶり
2度目の決勝へ駒を進めている。

また、日本勢では
女子シングルスで
大坂なおみが決勝へ
進出しており、
S・ウィリアムズ
(アメリカ)と優勝を争う。


tennis365.net 9/8(土) 10:25配信

最終更新:9/8(土) 10:25

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180908-00010004-tennisnet-spo

⇩⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。




nice!(0)  コメント(0) 
錦織 全米OP4年ぶり決勝進出逃す ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。