So-net無料ブログ作成
東方神起が日本ツアーで100万人を動員 ブログトップ

K-POPブーム再燃、東方神起が日本ツアーで100万人を動員 [東方神起が日本ツアーで100万人を動員]

K-POPブーム再燃、
東方神起が日本ツアー
100万人を動員

東方神起が日本ツアー.GIF

韓国出身の男性デュオ、
東方神起がその名前に
ふさわしい活躍を
見せている。

二人は6月10日、
全17公演からなる
日本ツアー「Begin Again」を終え、
海外アーティストの日本ツアーでは
史上最多の約100万人を動員する
記録を打ち立てた。


メンバーのユンホとチャンミンに
とって軍除隊後初の日本ツアーと
なった
「Begin Again」は、
昨年11月に札幌ドームで始まり、
今年6月8日~10日の
横浜・日産スタジアム3デイズで
閉幕。

84万人を動員した2013年の
ツアー「Time」を大きく
上回る盛り上がりを見せた。

韓国のアーティストによる
これまでの最多動員ツアーは、
2015年~2016年にかけて
行われたBIGBANGのツアー
「Made」で、91万1000人を
動員していた。


「Begin Again」ツアーの
成功の裏には、メンバーの
長年にわたる日本での活動の
蓄積がある。

「東方の神が起きる」を
その名の由来とする
東方神起は、
2000年代半ばに日本でデビュー。

当初は5人組のグループとして
活動し、2008年にシングル
「Purple Line」で韓国の
男性アーティストとして
初のオリコンチャート1位に
輝いた。


それ以来、着実にファンを増やし、
BoAやKARA、少女時代、
BIGBANGらとともに、
韓国人アーティストが
日本で受け入れられる
土台を切り拓いてきた。

ユンホとチャンミンは
ともに流暢な日本語を話し、
ファンミーティングや
テレビ出演などコンサート以外の
活動も多い。

これまでに日本でリリースした
シングルは40曲以上と、
韓国でのリリース枚数よりも多く、
2014年にはシングル総売上で
海外アーティスト歴代1位に
なっている。


また、日本の東方神起ファンは
ビギスト(Bigeast)と呼ばれ、
カシオペア、あるいはカッシーと
呼ばれる他の国の東方神起ファン
とは異なる独自のファンベースを
築いていることでも知られる。

東方神起の返り咲きは日本に
おけるK-POPブームの再燃が
後押ししている部分もある。


今、日本ではTWICE、BTS、EXOなどの
曲がヒットチャートを賑わせており、
Red Velvet、GFRIEND、SEVENTEENなども
初の日本語アルバムのリリースや
制作に入っている。とはいえ、
東方神起が達成した記録は
しばらくの間破られることは
ないだろう。

Forbes JAPAN更新日:2018/06/24


https://gunosy.com/articles/RNieM


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。





nice!(0)  コメント(0) 
東方神起が日本ツアーで100万人を動員 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。