So-net無料ブログ作成
大島優子 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役 ブログトップ

米国留学中の大島優子 本格復帰へ 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役 [大島優子 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役]

米国留学中の大島優子 
本格復帰へ 三浦春馬初の
舞台単独主演作で娼婦役

米国留学中の大島優子.GIF
舞台「罪と罰」で娼婦役を演じる大島優子

海外での語学勉強のため
昨年8月から芸能活動を
セーブしてきた女優の
大島優子(29)が、
来年1月の舞台で本格復帰する。


三浦春馬(28)が主演する
「罪と罰」。


3年ぶりの舞台出演となり
一皮むけた大人の優子が
見られそうだ。

大島は昨夏に渡米。

「30歳までに海外で英語を
勉強したい」と、
約1年間の留学に向かった。

所属事務所は大島が
どこにいるかなどの詳細を
明かしていないが、
現在も海外で生活をしている。

関係者によると、
秋に帰国する予定という。

米国留学中の大島優子-1.GIF

帰国後に待つのが、
ロシアの文豪ドストエフスキーの
世界的名作「罪と罰」。

自身の正義のために人を
殺した青年・
ラスコーリニコフ(三浦)が、
次第に罪の意識や孤独感に
苦しみ、最後は自首する物語だ。


その青年と心を通わせるのが、
大島が演じる娼婦(しょうふ)の
ソーニャ。


家族の生活のために娼婦に
なった生き方は、
青年に大きな影響を与える。


演出側は
「天使のよう」

「小さくてか細い」

「傷ついた人を
演じることができ、
大きく感情表現ができる」
などとキャスティングを
イメージ。


この注文に応えられるとして、
大島が抜てきされた。


大島は
「芝居をすることから
しばらく離れていましたが、
この作品に、
そしてソーニャへの情熱を
傾ける時間に一意専心したい」
と意気込んだ。


一方、主演の三浦は舞台の
単独主演は初めて。

15年の出演舞台
「地獄のオルフェウス」で
意気投合した、英演出家
フィリップ・ブリーン氏と
念願の再タッグ。


大島とは初共演となり
「繊細かつパワフルな
演技をされる方。
どんなやりとりができるか、
今からとても楽しみ」と
話している。


来年1月に、
東京・渋谷の
Bunkamuraシ
アターコクーンで上演される。


スポニチアネックス6/7(木) 4:00配信

最終更新:6/7(木) 12:13


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20180607-00000005-spnannex-ent


⇩⇩⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。





nice!(0)  コメント(0) 
大島優子 三浦春馬初の舞台単独主演作で娼婦役 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。