So-net無料ブログ作成
「ドクターX」の贅沢とスピード感 ブログトップ

大地真央(初の女性院長)は1話で“クビ”に「ドクターX」の贅沢とスピード感 [「ドクターX」の贅沢とスピード感]

大地真央(初の女性院長)は1話で“クビ”に
「ドクターX」の贅沢とスピード感

「ドクターX」の贅沢とスピード感.GIF
おなじみのメンバー(C)日刊ゲンダイ

コラム【TV見るべきものは!!】

ドラマのシリーズ物は、
おなじみのメンバーが、
おなじみのストーリーを
演じるだけになった途端、
視聴者が飽き始める。

ベースとなる世界観を変えずに、
細部は時代や社会とリンク
させながら変えていくこと。

それをしっかり実現しているのが、
米倉涼子主演ドラマ
「ドクターX ~外科医・
大門未知子~」
(テレビ朝日系)だ。

たとえば今シリーズの初回。

舞台となる東帝大学病院に、
初の女性院長(大地真央)を
誕生させた。

彼女のモットーは「患者ファースト」。

医学界や医師たちに清廉性を
求めることから、ニックネームは
「マダム・クリーン」だ。

結局、不倫問題でクビを切られたが、
出だしのインパクトとしては
十分だった。

また普通なら、この女性院長を
数週間は活用すると思うのだが、
たった1週で舞台から下げて
しまったことも驚きだ。

「もったいない」と考えるより
「贅沢感」を、そして
「スピード感」を大事にしたのだろう。


それは第2話も同様だ。

このシリーズから登場した
「ゆとり世代の医師」の一人、
伊東亮治(野村周平)を軸に
物語が展開されたが、
伊東は医師をやめて
ミュージシャンを目指すことに。

好演した野村も1回限りだった。


一方、ブレない大門はもちろん、
神原(岸部一徳)や
麻酔科医の城之内(内田有紀)、
蛭間(西田敏行)と
取り巻き連中などの“変わらなさ”に
ホッとする。

不易と流行の絶妙なバランスだ。

(碓井広義/上智大学教授=メディア文化論)

日刊ゲンダイDIGITAL10/25(水) 9:26配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20171025-00000006-nkgendai-ent

⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。



nice!(0)  コメント(0) 
「ドクターX」の贅沢とスピード感 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。