So-net無料ブログ作成
棒演技櫻井翔が存在感ゼロ『先に生まれた僕』 ブログトップ

棒演技の櫻井翔が存在感ゼロ『先に生まれただけの僕』、怪演の高嶋政伸に完全に食われる [棒演技櫻井翔が存在感ゼロ『先に生まれた僕』]

棒演技の櫻井翔が存在感ゼロ
『先に生まれただけの僕』
怪演の高嶋政伸に完全に食われる

真柴ちひろ(蒼井優).GIF

今クール(10~12月期)の
連続テレビドラマ
『先に生まれただけの僕』
(日本テレビ系)の
第1話が14日、放送された。

総合商社の樫松物産に勤める
鳴海涼介(櫻井翔)は、35歳と
いう若さで出向先である青森の
子会社を建て直し、東京の本社に
呼び戻される。

しかし、鳴海が忠誠を尽くしていた
専務が社内政治で失脚したことで、
樫松物産の不採算事業である
「私立京明館高校」の校長職に
“飛ばされる”ことに――。

鳴海は京明館高校の再建に
取り組もうとするが、
これまでの経験やビジネスの
常識がまったく通用しない
教育現場の実態や、
危機意識のまったくない
教師たちに苛立ちながらも、
なんとか再建の糸口を
つかもうと奔走する日々を
送っていた。

そんなある日、生徒同士の
殴り合いのケンカが発生し、
鳴海と教師の
真柴ちひろ(蒼井優)は、
最初に殴りかかった生徒を面談する。

するとその生徒は、父親が
くも膜下出血で倒れて1年は仕事が
できない状況であり、
大学進学を諦めなければならない
かもしれないと悩んでいることを
打ち明ける。

それを受け、真柴は生徒に
奨学金制度を利用して大学を
目指すように説得する。

後日、鳴海は職員会議で教師たちに、
奨学金を受給するということは
借金を背負うことであり、
大学卒業後は返済しなければ
ならないことを生徒たちに
きちんと説明すべきだと力説しつつ、

もっと良い生徒を生むために
努力するべきだと訴えるが、
賛同を得られず、呆れた教師たちは
会議室を出ていってしまう。


鳴海が独り会議室に取り
残されていると、
一部始終を聞いていた例の生徒が
近づいてきて、鳴海は自身も
奨学金で大学を出て返済が大変だが、
生きていくスキルを身につける
ためにも大学へ行くべきだと説得する。

しかし、鳴海の予想に反して、
生徒は泣きながら
「そんな恐い話、聞きたくなかったよ」
と言い、走り去ってしまい、
鳴海は答えのない教育の難しさに
頭を抱えてしまうところまでが
放送された。

●唯一の見所

ドラマとしては、
「教育現場を知らない民間企業の
“やり手ビジネスマン”が突然、
潰れかけの学校の校長になったら?」
というありがちな“設定モノ”で、
今後は鳴海が教師たちと
ぶつかり合いながらも、
徐々にお互いに心を通わせていき、
鳴海もビジネスとは違った
教育の現場の問題に目を覚ましつつ、

孤軍奮闘していく――といった
物語になるであろうことは容易に
想像でき、内容自体に
特筆すべきことはない。

そして、櫻井のセリフが終始上滑りで
気持ちがこもっているように
感じられず棒演技で、
さらに脇役に荒川良々や木下ほうか、
高嶋政伸といったアクの強い俳優が
揃っていることもあり、
櫻井の存在感の薄さが強調されて
しまっている点は否めない。

そんな第1話内で唯一印象に残ったのが、
樫松物産専務・加賀屋圭介役を
演じる高嶋の怪演だ。

突然加賀屋に呼び出された鳴海は、
加賀屋が鳴海を京明館高校へ
飛ばした張本人であり、
その理由が上にも下にも
“イイ顔”をする鳴海が
気に食わないからだと告げられる。

そのシーンで加賀屋は、
終始眉にシワを寄せた強烈な強面で、
大声&ネチネチした物言いで
鳴海を“口撃”する。

まず、加賀屋の役員室に入った鳴海は、
「加賀屋専務、鳴海でございます」と
挨拶するも、加賀屋はそれを無視して
郵便物をチェックしている。

席に座った加賀屋はゆっくりと
静かな口調で、目は怒っているのに
口は笑っているという“怒り笑い顔”で、
今回の人事は青森での功績を
買ってのことだと告げる。

それを受けて鳴海が
「ありがとうございます」と言うと、
加賀屋は突然机を“バーンっ”と
強く叩き、ド迫力の大声で
「心にもないこと言ってんじゃねーよ! 

上にも下にも受けがよく、
支店に回されてもうまく
立ち回って結果出して、
まあ会社にとっては使えるよな、
お前みたいな奴は」とまくし立てる。

続けて、鳴海をにらみながら
「虫唾が走るんだよっ!」と
吐き捨てたかと思えば、
右手の拳を左手に“バチっ”と
叩きつける。

さらに、鳴海と同じく失脚した
専務側についていたために
次長から課長代理に降格されられた
柳沢が入院していることを明かし、
「駅のホームから落ちたんだとさ」
と言った途端、「あはははは!」と
笑い出す。


最後に鳴海が意気消沈した面持ちで
「失礼します」と退出しようとすると、
加賀屋は再び不敵な笑みをたたえた
“怒り笑い顔”で、
「あーそーだー。問題起こしたら、
責任取るのはお前だぞ、
おわかりですね? 校長セーンセー」
と変なイントネーションで言い放つ。


もう、高嶋のやりたい放題ですよ。

圧倒的なキャラと存在感で
“パワハラ専務”を好演して、
完全に主役の櫻井を食って
しまっている。

そんな高嶋の“怒り笑い顔”と
“はっちゃけぶり”を
見られるだけでも、
同ドラマは見る価値が
あるかもしれない。

(文=米倉奈津子/ライター)

Business Journal更新日:2017/10/16

https://gunosy.com/articles/RB0Sd

⇩クリック(タップ)で楽天市場のサイトに飛びます。



nice!(0)  コメント(0) 
棒演技櫻井翔が存在感ゼロ『先に生まれた僕』 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。