So-net無料ブログ作成
イチローが迫る「史上6人目の偉業」 ブログトップ

イチローが迫る「史上6人目の偉業」を選手もレジェンドもリスペクト [イチローが迫る「史上6人目の偉業」]

イチローが迫る「史上6人目の偉業」を
選手もレジェンドもリスペクト

マイアミ・マーリンズの
ジャンカルロ・スタントンの
勢いが止まらない。

イチローのチームメイトでも
スタントンは、7月5日からの
43試合で25本
(8月23日の試合終了時点)の
ホームランを放つなど、
人間離れしたパワーを見せつけている。

そのなかには、6試合連続ホームランと
いう離れ業もあった。

8月14日の試合で43号を記録し、
早々にマーリンズの個人球団年間
最多本塁打記録を塗り替えた。

そして翌日、メジャー屈指の左腕である
サンフランシスコ・ジャイアンツの
マディソン・バムガーナーから44号を放った。

イチローが迫る「史上6人目の偉業」.GIF
アウトコース低めの難しいボールに手を伸ばしながら
バットに当て内野安打を放ったイチロー


パワーヒッターに注目が集まる
メジャーリーグにあって、
その象徴がヤンキースの
アーロン・ジャッジから
スタントンへと移り変わった。

そのスタントンがジャイアンツのエースから
132メートルの特大アーチを打ち込んだ夜、
それとは対照的な一打をイチローは放っていた。

ジャイアンツの捕手、バスター・ポージーが
ミットの先を地面につけ、ボールを体で
ブロックする構えをした瞬間、
イチローはアウトコース低めに
逃げていくボールに手を
伸ばしながら当てた。

打球はピッチャーの頭を越え、
猛ダッシュで走り込んできた
二塁手の前にポトリと落ちる。

推定飛距離、約24メートルの
内野安打となった。

スタントンとイチローの打球を
マスク越しに見ていたポージーは、
試合後こんな感想をもらした。

「スタントンのパワーはもちろん
すごいけど、イチローのテクニックも
ずば抜けている。

イチローのことは、自分がドラフトされる
前から知っていたし、尊敬していたよ。

彼の、他人が真似できないテクニックを
見るのがすごく好きなんだ。

もしイチローがあのボールを
打っていなかったら、地面で
ワンバウンドしてミットに
収まっていたと思う。

あの球を打てる選手は、
そうはいないだろう」

スタントンのホームランも印象的だったが、
イチローが披露した巧みな
バットコントロールから生まれた
芸術的な内野安打も驚愕の1本だった。

実は、この日イチローが放った
内野安打にはもうひとつの意味があった。

このヒットが、イチローにとって
メジャー通算2493本目のシングルヒット
だったのだ。

まもなくシングルヒットのみで
メジャー通算2500安打を達成する
かもしれないということを
チームメイトのディー・ゴードンに伝えると、
彼は目を大きく見開き、こう語った。

「マジで!? やっぱりイチはすごいよね。
同じタイプのリードオフマンとして、
2500本もシングルヒットを打つ難しさは
わかっているつもりだ。

ホント、やばい。

ほとんどの選手がシングルヒットどころか、
通算でも2500本という数字に
届かないのに……」

昨年の夏、イチローは史上30人目となる
メジャー通算3000本安打を達成したが、
それよりも500本少ない2500本でも
長いメジャーの歴史のなかで100人しか
成し遂げていないのだ。

ゴードンが驚くのも無理はない。

イチローが2500本のシングルヒットを
放つと、これはメジャー通算6人目の
快挙となる。

この前に達成したのは、2014年5月17日、
ヤンキースのデレク・ジーター(2595本)だ。

このほかには、ピート・ローズ(3215本)、
タイ・カッブ(3053本)、
エディー・コーリンズ(2643本)、
ウィリー・キーラー(2513本)が
2500本以上のシングルヒットを放っている。

ちなみに、現役選手のなかには
イチローに続く選手がいないどころか、
2000本以上のシングルヒットを
打っている選手は誰ひとりとしていない。

今回のスタントンや、かつての
バリー・ボンズのように、
今も昔もファンはホームランに
魅了されてきた。

事実、オールスターでホームランダービーと
いうイベントはあるが、バットコントロールを
競うものは何もない。

現代の野球において、
バットコントロールのうまさは、
ホームランを打つことに比べて
評価されているとは思えないが、
ポージーやゴードンをはじめ、
この能力を高く評価している選手は多い。

メジャー通算324勝を挙げて殿堂入りを果たし、
現在はアトランタ・ブレーブスの地元放送で
解説をしているドン・サットンは、
長年、イチローの打撃技術に興味を
抱いているひとりだ。

「今はまさにホームラン全盛の時代なので、
ホームランを狙いにいって、思い切り
バットを振ることが恥ずかしくないんだよ」

そう言って残念そうな表情を浮かべた
サットンは、こう続ける。

「もしイチローにエゴがあったら、
シングルヒットで満足していると思うかい? 
普通の打者ならホームランを打ちたい、
強い打球を打ちたいと思うんじゃないかな。

だから、手と視覚の優れた連携動作
だけではないんだ。

シングルヒットでも満足できる
メンタリティーも大事になってくる。

今の時代、どのチームも相手打者に
対応して守備シフトを敷いている。

バッターはそれを見て、笑い飛ばしながら
野手のいない方向にポンと打てばいいのに、
エゴがまさってしまうのか思い切り
スイングする。

その結果、野手のいるところに打球がいき、
アウトになってしまうんだ。

もしイチローに対して守備シフトを敷いたら、
彼は5000本のシングルヒットを打つんじゃない
だろうか。

結局、イチローは技術が高すぎて、
どんなシフトも通用しない選手なんだよ」

3年前、ジーターが2500本目の
シングルヒットを放ったとき、
アメリカではまったく注目されなかった。
同じシーズンの8月23日、
当時ヤンキースの一員として
プレーしていたイチローは、
ヤンキースタジアムで
メジャー通算2290本目の
シングルヒットを放ったが、
こちらも誰も注目しなかった。

実は、この1本で、
日本でのシングルヒット926本を
加算すると通算3216本となり、
ピート・ローズが持つメジャー記録を
上回ったのだ。

おそらくイチローが2500本の
シングルヒットを放っても、
メディアで大きく取り上げられること
はないだろう。

しかし、ポージーやゴードンのように
グラウンドで戦っている選手たちが、
イチローの技術に驚愕し、
尊敬の念を抱いていることだけは
間違いない。

もちろん、我々やファンも高い技術の
大切さを忘れてはならない。


Sportiva更新日:2017/08/25

https://gunosy.com/articles/R58w2




nice!(0)  コメント(0) 
イチローが迫る「史上6人目の偉業」 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。