So-net無料ブログ作成
スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画 ブログトップ

スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画『レディ・プレイヤー・ワン』予告編。デロリアンに金田のバイクも登場!? [スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画]

スピルバーグが描く「VR」がテーマの
映画『レディ・プレイヤー・ワン』予告編。
デロリアンに金田のバイクも登場!?

スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画.GIF
Image: [コピーライト] 2017 Warner Bros. Entertainment Inc.
All rights reserved. viaWarner Bros. UK/YouTube


夢のキャラクター総出演!
アーネスト・クライン原作のSF小説
『ゲームウォーズ』が
スティーヴン・スピルバーグ監督
映画『レディ・プレイヤー・ワン』と
して劇場にやってきます。

本作のテーマは「VR(仮想現実)」。

いかにも旬なテーマですが、
原作自体も「オアシス」という
仮想世界にのめりこむ物語。

スピルバーグ氏の手によって
原作と現代の世界をうまく
織り交ぜた作品となっています。


そして今回の映像には、
『スーサイド・スクワッド』版
ハーレイ・クイン、
アイアン・ジャイアント、
デロリアン、
金田のバイクなどなど、
ちょっとサブカルが好きな人なら
誰でも知っているキャラクターが
見え隠れします。

io9より
「サンディエゴ・コミック・コン2017」で
公開されたトレーラーをチェックして
みてください。





ストーリーは、エネルギーが枯渇しきった
2045年のオハイオ州コロンバスが舞台。

仮想空間「オアシス」内に隠された
イースター・エッグを見つけた者に、
開発者ジェームズ・ハリデーの
遺産がすべて託されるとの
メッセージがあり、
一斉に宝探しが始まります。

主人公は、行き場をなくし
「ミッシング・ミリオンズ」と
呼ばれる世代に生きるウェイド
(演:タイ・シェリダン)。

彼は数名の仲間と共に、
その遺産およびオアシスの
管理者権限を手に入れるべく
命をかけるのです。

このトレーラーそのものが
イースター・エッグの塊のように
なっていますね。

上記のキャラクターたち以外にも、
本当にさまざまなキャラクターが
登場します。

Daniel LugliがYouTubeのコメント覧に
書いたコメントを参考に、
確認できるものをリストにしてみました。

1:05:ハーレイ・クインと
デッドショット(デスストローク?)

1:09:宙空を舞う
『ロード・オブ・ザ・リング』ガンダルフ

1:16:アイアン・ジャイアントと
レディ・デッドプール

1:27:ダチョウに乗ったアタリの
ゲーム『ジョスト』

1:30:『エルム街の悪夢』
フレディー・クルーガーとデューク ニューケム

1:43:スティーヴン・キング原作の赤い車
『クリスティーン』

1:52:クリスティーンの横に
ララ・クロフトと
『ギアーズ・オブ・ウォー』ディジー

2:06:『マッドマックス』インターセプター、
『アキラ』金田のバイク
(後のシーンでアタリ、セガ、タイトー、
ハローキティのステッカーも確認できる)

2:08:『バック・トゥ・ザ・フューチャー2』
版デロリアン

2:17:再びクリスティーン


シルエットなので100%正しいとは
言えないものもいくつかありますが、
時代も配給元も垣根を大きく超えた
驚きのチョイスなことは確かです。

前半のBGMは『夢のチョコレート工場』で
ウィリー・ウォンカが歌う、
ジーン・ワイルダーの『Pure Imagination』が
アレンジされており、後半はラッシュの
名曲『Tom Sawyer』も流れます。

ウェイドが「1980年代に生まれたかった」と
話したように、映像も音楽も
80年代の要素がテンコ盛りです。

カーチェイスなど、原作にはないシーンも
多くあるようですし、ここまで大勢の
キャラクターが入り乱れる様子に、
思わず「大人の事情」は大丈夫か!?と
心配になってしまうほど。

予告でもこれだけのキャラが出て来るので、
本編ではあとどれだけのイースター・エッグ
(隠し要素)が潜んでいるのかも気になります。

これはスピルバーグだからこそ
出来たのかもしれませんね。

『レディ・プレイヤー・ワン』は
2018年3月30日に北米で公開予定です。

Image: [コピーライト] 2017 Warner Bros. Entertainment Inc.
All rights reserved. viaYouTube

Source:YouTube

Reference:Daniel Lugli,YouTube

Germain Lussier - Gizmodo io9[原文]

(岡本玄介)

ギズモード・ジャパン更新日:2017/07/24

https://gunosy.com/articles/RuKgY



スピルバーグが描く「VR」がテーマの映画 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。