So-net無料ブログ作成
なぜ芸能人エッセイが売れるのか ブログトップ

星野源は29万部! 必要なのはセンス?文才? なぜ芸能人エッセイが売れるのか [なぜ芸能人エッセイが売れるのか]

星野源は29万部!
必要なのはセンス?文才?
なぜ芸能人エッセイが売れるのか

「つれづれなるままに、
日くらし、硯にむかひて、
心にうつりゆくよしなし事を、
そこはかとなく書きつくれば、
あやしうこそものぐるほしけれ」

なぜ芸能人エッセイが売れるのか.GIF

誰しもが国語の授業で習ったで
あろうこの文章は、
日本でいちばん古い“エッセイ”で
ある吉田兼好の『徒然草』。

6月に今年の上半期
『オリコン“本”ランキング』が
発表されたが、その中でも注目
すべきは、29万部を売り上げた
星野源のエッセイ
『いのちの車窓から』
(KADOKAWA刊)。

星野源のエッセイ.GIF
星野源『いのちの車窓から』(KADOKAWA)

《'15年12月6日に
お店が開店してから、
まだ1年半に満たないですが、
体感としては、
今まででいちばん
売れ行きがいいように
感じています! 》

今年4月に取材した際、
三省堂書店・池袋本店の担当者は、
本誌の取材にうれしそうに
語っていた。

「星野源さんが出版した本は
これで6作目。
彼が書くエッセイは軒並み
ヒットを重ねていて、
タレント本だけに絞った
今年のランキングには、
'14年に発売された『蘇る変態』
(マガジンハウス)も入っており、
累計10万部以上を売り上げています」
(スポーツ紙記者)

そんな星野のエッセイの魅力について、
雑誌やマンガの編集者を経て、
インタビューや書評を中心に
執筆を行う成田全さんは、
こう分析する。

「芸能人のエッセイ本は、
ふだんからあまり本を
読んでいない人でも、
書店で“あ、知っている顔かも”と
手をのばしやすいのが売れるひとつの
要素かもしれません。

星野さんは特に、
ドラマ『逃げるは恥だが役に立つ』
(TBS系)でブレイクしたことが
大きく影響しているでしょうね」

また、NHKのコントバラエティー番組
『LIFE!』にも出演していたが、
これもベストセラーの一因という。

「書いている人がどういう人かを
思い浮かべやすかったり、
登場人物も芸能人なので、
読んでいてキャラクターが
つかみやすいんです。

バラエティー番組に出演している人の
本は、親しみやすさもあるんですよ」
(成田さん)

実際に、ドラマだけでなく、
バラエティー番組にも出演している
芸能人の本は、大ヒット作と
なったものが多数ある。

「星野さんと同様、
『LIFE!』に出演している
ムロツヨシさんの初の著書『ムロ本、』
(ワニブックス)が今年の3月末に
発売されましたが、
発売初日に重版が決まりました。

また、『水曜どうでしょう』
(北海道テレビ放送)に
出演している大泉洋さんの
『大泉エッセイ~僕が綴った16年』
(メディアファクトリー)も、
累計発行部数40万部を突破しています」
(前出・スポーツ紙記者)

『大泉エッセイ~僕が綴った16年』.GIF
大泉洋『大泉エッセイ〜僕が綴った16年』
(メディアファクトリー)


書店員がオススメする芸能人本

実際に、書店を巡ってみると、
現場の書店員からはさまざまな
オススメ芸能人の名前があがった。

「伊集院光さんはすごく共感できますし、
人生経験の豊富さを感じます。
幼少期の家族との何げない会話なども
入っているので、どの世代の人が
読んでも楽しめると思いますよ」
(書店員Aさん)

「朝日新聞での連載をまとめた、
大竹しのぶさんのエッセイは
芸能人の方のお名前がたくさん
出てくるので、なんとなく状況を
把握しやすいですね。

(明石家)さんまさんのことは、
“元夫”って書かれてますよ(笑)」
(書店員Bさん)

「小林聡美さんと片桐はいりさん。
映画でも共演していて、
個性的な女優さんたちですよね。

小林さんは主婦としての目線で、
さっぱりとしたお話が多く、
読みやすいんです。

片桐さんは、旅行記が印象的。

目のつけどころが違いますし、
文才を感じますね」
(書店員Cさん)

名前を挙げられたのは、
それぞれ親しみやすく、
独自の世界観を持った人たちだ。

本誌でも書評を担当する
ガンガーラ田津美さんは、
このような売れる
芸能人エッセイについて
“本”だからこその楽しみ方も
あるのだと語る。

「エッセイを読み進めていくと、
自分だけに語りかけてくれている
ような感覚を得られますよね。

そんな中で、一般のリアルな
付き合いだと話せないような、
誰にも共感してもらえないことに
ついて、ズバッと書いてあることが
あるんです。

“そう、それなんだよ!”と、
ふだんの生活では語れないことに
ついて共感することこそ、
エッセイの醍醐味だと思うんです」

本の著者=華やかな世界で生きる
芸能人が、私たちと同じように
コンプレックスに悩み、
人前で声を大にして言えないような
ことを書いていたりするほど、
共感は大きくなるのだ。

「文章力や、物語的なおもしろさ、
ファンタジー感は必要じゃないと
思うんです。

例えば、叶姉妹のような
スーパーセレブのエッセイを読んで、
“自家用ジェットで移動して~”
なんて書いてあっても、
共感はできませんよね。

日常生活で実際に起こったことを
“フムフム”“なるほど”って
言えるものが、おもしろい
エッセイだと思います」
(ガンガーラさん)

ヒットした芸能人エッセイには
読者が思わず「それな!」と
言いたくなる“日常感”があったのだ。


週刊女性PRIME7/23(日) 12:00配信

https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00010188-jprime-ent&p=1
https://headlines.yahoo.co.jp/article?a=20170723-00010188-jprime-ent&p=2





いのちの車窓から

いのちの車窓から

  • 作者: 星野 源
  • 出版社/メーカー: KADOKAWA
  • 発売日: 2017/03/30
  • メディア: 単行本




なぜ芸能人エッセイが売れるのか ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。