So-net無料ブログ作成
キムタク“邦画&主演”で初カンヌ ブログトップ

キムタク“邦画&主演”で初カンヌ(第70回カンヌ国際映画祭)!三池監督とタッグ「無限の住人」 [キムタク“邦画&主演”で初カンヌ]

キムタク“邦画&主演”で初カンヌ
(第70回カンヌ国際映画祭)!
三池監督とタッグ「無限の住人」

杉咲花.GIF

世界3大映画祭の1つ、
第70回カンヌ国際映画祭
(5月17日開幕=フランス)の
ラインアップが13日、
当地で発表され、
元SMAPの木村拓哉(44)の
主演映画「無限の住人」
(三池崇史監督、4月29日公開)が
アウト・オブ・コンペティション部門に
選出された。

「無限の住人」2.GIF
完成報告会見に登場した出演者達(左から)三池崇史監督、
戸田恵梨香、福士蒼汰、杉咲花、市原隼人


出演作として
「2046」
(04年、ウォン・カーウァイ監督)
以来。

コンペティション部門には、
日本から永瀬正敏(50)の
主演作「光」
(河瀬直美監督、5月27日公開)が
選出された。

木村にとって、主演作公開を前に、
願ってもない吉報が舞い込んだ。

自身2度目のカンヌ出品。

「今回の知らせを、三池監督から
直接電話で聞けた時には、
本当にうれしかったです。
海外の方がどう受け取って
くださるのかが、
とても興味深いですが
“一つの作品”として招待して
いただけることに本当に感謝します」
と喜びをかみ締めた。

04年には「2046」が
コンペティション部門に選出されたが、
邦画、主演作としては今回が初。

3大映画祭としても、
07年に映画「武士の一分」
(山田洋次監督)が
ベルリン国際映画祭(ドイツ)の
パノラマ部門でオープニング上映
されて以来。

04年にはカンヌを訪れ、
公式上映を見守った。

今回のカンヌ訪問について、
配給元は「未定」としている。

製作当時から、海外を意識して
撮影に臨んでいた。

演出は3大映画祭の“常連”でもある
三池監督。

配給もメジャーのワーナーが担当。

映画の完成後には
「監督もプロデューサーも目線の先に
海外を意識していると感じましたし、
僕自身もヨーロッパはじめ海外の
方々にも見ていただけたらと
思っている」と語っていた。

累計発行部数750万部超の
沙村広明氏の原作コミックが、
世界22か国と地域で刊行され、
00年には英語版が
“漫画のアカデミー賞”とも
いわれるアイズナー賞最優秀
国際作品部門を受賞。

また三池監督は
「極道大戦争」(15年)以来
6作品目のカンヌ。

不老不死の侍・万次を演じた
木村の演技を含め、実写映画の
海外評価が注目される。

今年からソロとなり「新人」と
決意を抱く。

1月期のTBS系日曜劇場
「A LIFE~愛しき人~」は
同クール最高視聴率をたたき出した。

今作も、一人の役者として存在感を
示すうえでも重要な作品となるが、
カンヌ上映は成功を
大きく後押ししそうだ。

スポーツ報知 4/14(金) 6:06配信

https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170414-00000044-sph-ent




キムタク“邦画&主演”で初カンヌ ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。