So-net無料ブログ作成
山下智久に暗雲?ジャニーズが仕向ける”お払い箱” ブログトップ

山下智久に暗雲?ジャニーズ事務所が仕向ける”お払い箱”の危機 [山下智久に暗雲?ジャニーズが仕向ける”お払い箱”]

山下智久に暗雲?ジャニーズ事務所が
仕向ける”お払い箱”の危機

山下智久2.GIF

山下智久(31)に暗雲が立ち込めている。

4~6月は『ボク、運命の人です。』
(日本テレビ系)、
7~9月は『コード・ブルー』
(フジテレビ系)と連ドラ出演が
立て続けに決まっており、
順調そのものだが、
ジャニーズ事務所からは厳しい目を
向けられているようだ。

発売中の『週刊女性』(主婦と生活社)は、
今回で3作目となる『コード・ブルー』での
主演の経緯について、事務所側は山下を
“卒業”扱いとしてジャニーズの
若手タレントの新起用をフジに
注文していたことを報じている。

結局、フジが山下の起用にこだわったことで、
辛うじて代替わりは回避できたようだ。

「フジは、ドラマを中心に視聴率低下が
顕著になっています。
山下主演での『コード・ブルー』は、
これまで平均視聴率15%を超える
キラーコンテンツ。
山下を外してコケたくないため、
顔ぶれを大掛かりに変えたくは
なかったのでしょう」
(テレビ局社員)

『ボク、運命の人です。』においても、
主演は亀梨和也(31)で山下は二番手の扱い。

これまでの俳優経験では、山下の方が
キャリアは長く出演作品も多い。

「修二と彰」コンビで
主題歌「青春アミーゴ」とともに
ヒットした2005年の
『野ブタ。をプロデュース』
(日本テレビ系)のように、
W主演扱いでも良さそうなものだが
水を開けられてしまった格好だ。

かつてはジャニーズ若手の期待の
星だった山下に何が起きているのか。

■SMAP解散騒動の余波が山下にも?

芸能事務所関係者は次のように分析する。

「山下は、ジャニーズを退社した
元SMAPチーフマネージャーの
飯島三智氏(60)に近かった。
昨夏にも連ドラの仕事が入りそうだったが、
山下は飯島氏が退社前に取ってきた
中国映画『解碼者』を選択した。
“造反者”の飯島氏の仕事を優先して
しまったことで、事務所との間に大きな
禍根を残しました」

このままでは、立つ瀬がないと
考えたのだろうか。

山下は今年の正月のジャニーズ恒例の
川崎大師初詣に久々に参加した。

事務所への服従姿勢を露わに
しはじめている。

しかし、往時ほどの視聴率は稼げなくなり、
器物破損容疑で書類送検されるなど
トラブルも目につく山下。

“お払い箱”へのカウントダウンが
始まっているのかもしれない。

文・鈴木雄二(すずき・ゆうじ)

※1977年、神奈川県出身。全国紙社会部に在籍し、
警察・検察などの事件取材や、ブラック業界、
芸能界などの分野を幅広く取材している。

主な著書に「警察のすべて」
(宝島社刊・共著)がある。

デイリーニュースオンライン更新日:2017/03/25

https://gunosy.com/articles/aDnPu



山下智久に暗雲?ジャニーズが仕向ける”お払い箱” ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。