So-net無料ブログ作成
香里奈ドラマ「嫌われる勇気」中止要求の波紋 ブログトップ

香里奈 ドラマ「嫌われる勇気」日本アドラー心理学会から中止要求の波紋 [香里奈ドラマ「嫌われる勇気」中止要求の波紋]

香里奈 ドラマ「嫌われる勇気」
日本アドラー心理学会から
中止要求の波紋

香里奈1.GIF

女優・香里奈(33)が主演する
ドラマ「嫌われる勇気」
(木曜午後10時、フジテレビ系)が、
日本アドラー心理学会から
抗議されていた問題で、
フジテレビは本紙の取材に、
放送継続の意向を明言した。

これには香里奈ら出演者、
関係者もホッとしたことだろう。

2014年のスキャンダル報道から、
ようやく立ち直った香里奈に
とっては朗報。

視聴率は、初回から1桁台と低空飛行が
続いているが、何とか“空中分解”は
免れた格好だ。

ドラマ「嫌われる勇気」は、
アドラー心理学の第一人者・岸見一郎氏と
古賀史健氏の同名大ベストセラー本が原案。

アドラー心理学を体現する
女刑事・蘭子(香里奈)を主人公に、
1話完結型のミステリードラマに
仕上がっている。

「小説や漫画が原作のドラマが多い中、
珍しくオリジナル脚本です。
『原案を大胆にアレンジした』と
いうのが今回のドラマの
うたい文句でした」
(テレビ誌関係者)

ところが、
そのアレンジが良くなかったのか、
今月3日、日本アドラー心理学会から、
まさかの“物言い”がついてしまった。

同学会のHPは
「ドラマにはきわめて重大な問題がある」
と中井亜由美会長名で、抗議文を掲載。

「勇気」の概念がアドラー心理学に
おける一般的な理解とは異なっている
ことを指摘した上で
「日本のアドラー心理学の啓発・普及に
対して大きな妨げになる(中略)。
放映の中止か、あるいは脚本の大幅な
見直しをお願いしたい」と
厳しい要求がつづられた。

「香里奈にとっては何とも気の毒です。
本人は今回のドラマに気合を入れて
臨んでいました。
かつて(14年に)
写真誌『フライデー』に
大股開き写真を掲載され、
イメージが失墜し、
落ち込んでいましたからね。
あれから2作目の連ドラですが、
ここでしっかりと女優としての
存在感を示したかったんですよ」
(芸能プロ関係者)

本紙が改めて同学会を取材すると
「抗議文に書いた通り。
フジテレビさんとお話? 
しておりません。
進展があれば、
その都度お知らせしていく」と
だけコメント。

相当おかんむりの様子だった。

一方、フジテレビは
「放送中止は考えておりません」と
キッパリだ。

続けて
「ドラマというエンターテインメントの
要素と、アドラー心理学の描写の
バランスを考えつつ、原案書籍の著者に
脚本を監修していただきながら
制作しております。
全話を見てご判断いただければ」と
回答した。

ただ
「日本アドラー心理学会からいただいた
ご意見も、今後のドラマ制作に生かして
まいります」とし、同学会の見解を
一定程度反映させることも示唆している。

香里奈は“大股開き騒動”後、
初の主演ドラマとなった
15年10月クールの「結婚式の前日に」
(TBS系)が全10話平均5・6%と
惨敗していた。

“騒動後2作目”の主演で、
主役級女優の試金石となる
「嫌われる勇気」だっただけに、
香里奈も人が変わったように
打ち込んでいるという。

「騒動前の香里奈は、平気で収録に
遅刻したり、タカビーな態度が
不評だったのですが、
今回は出演者の誰よりも早く、
スタジオ入りするし、主役として
差し入れまでして共演者や
スタッフに気を使っているので、
スタッフはたとえ視聴率が悪くても
最後までやらせてあげたいと
いうムードです」
(ドラマ関係者)

だが、視聴率は1月12日の
初回8・1%を頂点に、
あとは6~7%台をウロウロ。

同学会の指摘通りに脚本を見直して
視聴率が爆上げするならば、
フジは喜んで変えるだろうが…。

(視聴率はビデオリサーチ調べ、関東地区)

東スポWeb 2/23(木) 11:34配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170223-00000008-tospoweb-ent





香里奈ドラマ「嫌われる勇気」中止要求の波紋 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。