So-net無料ブログ作成
ビートたけし、笑いの審査しない訳を説明 ブログトップ

ビートたけし、『ビートたけしのスポーツ大将2017~ナインティナインも参戦SP~』収録 笑いの審査しない訳「何組の漫才師が泣いているか」 [ビートたけし、笑いの審査しない訳を説明]

ビートたけし、『ビートたけしのスポーツ大将2017~
ナインティナインも参戦SP~』収録
笑いの審査しない訳
「何組の漫才師が泣いているか」

ビートたけし2.GIF
(左から)ナインティナイン、ビートたけし(C)テレビ朝日

タレントのビートたけし(70)が、
テレビ朝日系
『ビートたけしのスポーツ大将2017~
ナインティナインも参戦SP~』の
収録を行った。

たけしは、2020年に開催される
東京オリンピックでのメダルが期待される、
天才キッズアスリートたちの活躍を
MCとして見届けたが
「オレなんかはもう裏を考えちゃうから
『この子たちは幸せだな』って思うけど、
負けていった子たちもいるだろ…」と
思いを馳せた。

お笑いの世界にも当てはまる部分が
あるといい
「頂点に立つのが大変っていうのは、
お笑いもそうだよね。
この間の漫才(M-1グランプリ)なんか
(出場者が)3500組とかいるわけじゃない。
それの頭に出てくるために何組の漫才師が
泣いているのかなって思うから、
オレは順位をつけるようなものは
やらないって言った」と
自身のお笑い観を説明。

続けて
「ただ、この(スポーツの)世界は
勝ち負けだから、何人も負けていった
子たちがいるんだから、
代表になった限りは一生懸命
やってもらいたいよね」と
未来のメダリストたちにやさしく
エールを送りながら
「ゴルフはエージシュートやりたいなと
思うけどね。
オリンピック競技にもなったしね」と
自身の目標も笑顔で宣言していた。

収録には、お笑いコンビ・
ナインティナインも参加。

たけしから
「東京オリンピックのメインキャスターを
ふたりでやればいいんだよ」と
勧められると、
「やりたいですけど、
そればっかりはお話がない限りは…」と
目配せをして、さりげなく
アピールしていた。
同番組は、26日の午後6時57分から
放送される。

オリコン 2/9(木) 5:00配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170208-00000350-oric-ent
ビートたけし、笑いの審査しない訳を説明 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。