So-net無料ブログ作成
会いに行ける演歌歌手、元AKB・岩佐美咲 ブログトップ

元AKB・“わさみん”こと岩佐美咲の転身力。会いに行ける演歌歌手!! [会いに行ける演歌歌手、元AKB・岩佐美咲]

元AKB・“わさみん”こと岩佐美咲の転身力。
会いに行ける演歌歌手!!

岩佐美咲.GIF

「女優に転身した前田敦子や大島優子らは
まずまず成功していますが、
歌手でヒットに恵まれている人は
案外いない。
総監督の高橋みなみでさえも
苦心している」
(アイドル誌ライター)

そんな中、元AKB48で演歌歌手という
肩書で成功しつつあるのが
“わさみん”こと岩佐美咲(22)。

1月10日発売のシングル
「鯖街道」はオリコン週間シングルチャート
初登場10位、演歌・歌謡曲部門で1位に。

先月末、東京・浅草で
「岩佐美咲ソロコンサート~熱唱!
時代を結ぶ 演歌への道~」を開催。

「昨年1月30日に同じ会場で
ファーストコンサートを開き、
AKB48卒業を発表したんです」
(歌謡曲専門誌記者)

会場に浅草公会堂を選び、
演歌路線を明確に示した。

2度目のワンマンコンサートを見た
情報番組デスクは
「“会いに行けるアイドル”路線を
演歌歌手としてうまく継承していますね」。

その象徴が「イチゴシート」。

価格は1万5000円と高額だが、
前出のアイドル誌ライターが解説する。

「特典付きのチケットで、
席は前から5列目までを確保し、
公開リハをマスコミと一緒に
見ることができる。

特製オリジナルパスがお土産で、
リハと本番の間にはわさみんと
ハイタッチもできるのです」

130枚のチケットは数分で完売。

そんな岩佐はリハで、イチゴシートの
観客を見て
「きょうは、安心感のあるメンツって
いう感じですね」。

客席にはわさみんを支えてきた
ファンがずらり。

少しぐらい高くても懐に余裕のある
中高年がしっかり支えている。

「AKB48もそうですが、
握手会に来るファンには40代、50代、
中には60代もいる。

うっかり口を滑らせて
『うちらのファンの年齢層は高いから』と
本音を言ってしまうメンバーもいるほど」
(前出アイドル誌ライター)

アイドルファンは若いという固定観念を
壊したAKBグループの功績。

前出のアイドル誌ライターは
「きちんと働いて稼いで、
握手会やライブで金を使う。
それができるなら、年寄りだって
ファンになってもいいと思わせたわけです」。

その手練手管で、演歌の世界に新たなファンを
誘導する岩佐。

海外で行われるジャパンエキスポなど
活動の幅も広がり、元AKBとして
着実に成功の階段を上っている。

夕刊フジ 2/7(火) 16:56配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170207-00000011-ykf-ent




会いに行ける演歌歌手、元AKB・岩佐美咲 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。