So-net無料ブログ作成
故・ヤマグチノボルのラノベ「ゼロの使い魔」完結 ブログトップ

故・ヤマグチノボルのライトノベル「ゼロの使い魔」が 13年の時を経てついに完結! 320ページ超の画集も発売 [故・ヤマグチノボルのラノベ「ゼロの使い魔」完結]

故・ヤマグチノボルの
ライトノベル「ゼロの使い魔」が
13年の時を経てついに完結! 
320ページ超の画集も発売

「ゼロの使い魔」.GIF

2013年4月に亡くなった
ヤマグチノボルさんの
ライトノベル「ゼロの使い魔」
(KADOKAWA)が、2月24日に
発売される第22巻「ゼロの神話」で
いよいよ完結を迎えます。

これは、ヤマグチさんの遺した
プロットを元に書かれたもので、
著者名は“ヤマグチノボル”
名義となっています。

2004年に刊行が開始された
「ゼロの使い魔」は、
平凡な高校生・平賀才人(サイト)が、
異世界の少女・ルイズに召喚され、
契約のキスにより“使い魔”として
同居生活を始めるところから
始まる異世界ファンタジー小説。

「ゼロの使い魔」1.GIF

これまで4回にわたりテレビアニメ化
されるなど、不動の人気を誇った
作品でしたが、第20巻まで発刊された
ところで作者のヤマグチさんが
41歳の若さで亡くなってしまいます。

その後、生前に遺していた
プロットに沿って第21巻が発刊され、
そして今回、最終巻となる第22巻が
発刊されることに。

サイトとルイズの物語がついに
完結を迎える……のか。

「ゼロの使い魔」シリーズ完結を記念し、
イラストを担当してきた兎塚エイジさん
による500点以上にもおよぶ作品を
すべて収録した、320ページ超の画集
「Finale ゼロの使い魔コンプリート
イラストコレクション 兎塚エイジ
アートワークス」の発売も、
3月25日に予定されています。

さらに、画集発売の
3月25日から4月23日にかけ、
「Grande Finale ~『ゼロの使い魔』
完結記念展~」と題し、東京・渋谷の
GoFa(Gallery of Fantastic art)にて
イラスト展覧会を開催。

4月2日には兎塚エイジさんによる
サイン会も開かれます。

ねとらぼ 2/3(金) 15:58配信


http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170203-00000066-it_nlab-ent
故・ヤマグチノボルのラノベ「ゼロの使い魔」完結 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。