So-net無料ブログ作成
ベッキー 芸能界で再びポジション築けるか? ブログトップ

復帰攻勢のベッキー 芸能界で再びポジション築けるか? [ベッキー 芸能界で再びポジション築けるか?]

復帰攻勢のベッキー 
芸能界で再びポジション築けるか?

ベッキー14.GIF

不倫騒動でメディアから遠ざかっていた
タレント・ベッキーの活動が
本格化している。
5月13日のTBS系
『中居正広の金曜日のスマイルたちへ』で
104日ぶりにTV出演すると
月放送開始のBSスカパーの音楽番組
『FULL CHORUS~音楽は、フルコーラス~』
で本格復帰。

『金スマ』以降は地上波キー局の
番組出演は電話のみに留まっていたものの
9月29日に出版社・宝島社で
“背中ヌード”を披露
10月に入ってからは
ラジオレギュラー番組開始や
9日放送の『ワイドナショー』
(フジテレビ系)に出演するなど、
怒涛の復帰攻勢となっている。
一時と比較すると世間からの
バッシングも落ち着きをみせたが
一度ついてしまったイメージを
拭うのは前途多難であり、
スキャンダル皆無の“優等生”的な
タレントに戻ることは難しい。
今後、ベッキーは芸能界でどんな
ポジションを築いていくのだろうか?

■休業を経て“禊は済んだ”と擁護の意見増加
先般、ORICON STYLEで10~50代を対象に
実施したアンケート調査では
「今後もこれまで通りのキャラクターで
活躍できるか?」と
いう質問に対して、77.4%が
【活躍できない】と答えるなど、
厳しい結果となったベッキー。
彼女と言えば、今回の騒動までいわゆる
“スキャンダル処女”で、不倫はおろか
熱愛報道すらない清純派の代表格とも
言うべき好感度の高さを
誇っていたタレント。

一般的に清純派であればあるほど
スキャンダルが発覚したときの打撃は大きく
ベッキーも必要以上にバッシングを
受けてしまった印象がある。
だが、しっかりと休業期間を設けたこと、
『ワイドナショー』でコメントを求められ
騒動に言及したこと、川谷絵音の
離婚・新たな熱愛発覚もあり、
本格復帰とともに潮目が変わった感がある。
時間が解決してくれるとは言うが、
ネットなどでも“禊は済んだ”と
ベッキーを擁護する意見が目立ってきた。
とはいえ、移り変わりの早い芸能界において
レギュラー番組をお休みしていた
約半年間は非常に長いもの。
それまで彼女が座っていた
バラエティ番組の“イス”はすでに
誰かが座っているし、一度ついて
しまったイメージを払拭することは
難しいし、以前のようなポジションを
築くのは難しいだろう。

では、どの方向に舵取りしていくのが
ベストなのだろうか?
■“悪女キャラ”まで舵を切れるかが復活のカギ?
例えば近年、バラエティで活躍していて、
スキャンダルをきっかけに休業に
追い込まれてしまったタレントの一人に
矢口真里がいる。

彼女は2013年10月に無期限で芸能活動を
休止したあと、約1年の“禊”期間ののち、
2014年10月に復帰した。

多くのバラエティ番組レギュラーを
抱えていたこと、“不倫”や“清純派”の
イメージなど、境遇としてはベッキーに
似ている部分が多かったが、
矢口は“ぶっちゃけキャラ”として
吹っ切れたことで見事に復活を遂げた。

騒動や新しい彼氏を自らネタにし、
バラエティで目を二重にする
“メザイク”の使用を告白、
どんな仕事にも体当たりで挑み、
活動自粛前以上に新たな居場所を
確保している。

しかし、ベッキーが矢口のような
ぶっちゃけキャラになれるかというと、
真面目な性格が災いしてか、
そこまで振り切ることは難しいだろう。

だが、これまでのイメージを踏襲した、
いわゆる“品行方正”なキャラクターで
進めるほど、芸能界が甘い世界では
ないことはベッキー自身、百も承知。

それは、先ごろ放送された
『ワイドナショー』で、自身の
“ゲス不倫”をしっかりと肯定して
笑いに昇華していたことからも伺える。
「ベッキーさんが再び芸能界のど真ん中に
復帰できるとすれば、これまでの
優等生キャラだけでなく、
“ヒール”もこなせるふり幅を身に
着ける必要があるでしょう。
女優としての活動歴も長い彼女ですから、
最初は“フィクション”の中で
悪女キャラクターを演じるなどして、
徐々に免疫をつけていくということも
考えられます」
(エンタメ誌編集者)

先ごろ神戸ワールド記念ホールで行われた
VAMPS主宰の音楽イベントでは
『魔女の宅急便』のキキのコスプレ姿を
披露し話題を振りまいたベッキー。

ベッキー15.GIF

件の“文春砲”により、一夜にして全てを
失ってしまった彼女だが、以前のように
キレのあるトーク、明るい笑顔を待ち望む
ファンは決して少なくはないはずだ。

オリコン 10月25日(火)8時40分配信

http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161024-00000358-oric-ent
ベッキー 芸能界で再びポジション築けるか? ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。