So-net無料ブログ作成
沢口靖子 ブログトップ

松岡修造の父・東宝名誉会長が明かした、沢口靖子のデビュー秘話 [沢口靖子]

松岡修造の父・東宝名誉会長が明かした
沢口靖子のデビュー秘話

沢口靖子.GIF


6月だけだと足りなかったのではないか――。

日経新聞で連載中の、“修造パパ”こと
東宝名誉会長・松岡功氏(81)の「私の履歴書」。

なぜあんな名家からあの息子が、
と疑問をお持ちの方も、
このパパにしてあの息子あり
と納得できる半生ではある。

しかし、42歳で東宝社長に就任の履歴が登場した
のが、すでに終盤の6月23日である。

内容も駆け足ぎみに。

それでもやはり、今年、5年ぶりに開催されると
いう
「東宝シンデレラ」
オーディションは外せない。

6月27日には、初代グランプリ沢口靖子(51)の
デビュー秘話が明かされた。

関連会社「東宝芸能」の社長も兼務することに
なった功氏が、就任翌年に募集したのが
「東宝シンデレラ」。

すでに所属俳優達はトウが立っていたからだが、
〈これでいい新人が出て来なければ会社を解散
しようと思って〉いたというのだ。

〈歌える高校生までの新人を掘り起こすため、
履歴書のほかに歌唱を収めたカセットテープを
送ってもらった〉とも……。

ちょっと待った名誉会長。

沢口靖子といえば、その破壊的な歌唱力は
折り紙付きのはず、と疑問も湧く頃、

〈歌がうまい斉藤由貴は秘密兵器として
温存していた。(中略)中に高校3年生の
沢口靖子がいた。

関西なまりがあって歌は下手、
美人なのに華がない……〉

いいのか、それで。

「グランプリの副賞が武田鉄矢さんの
『刑事物語3』出演と、レコードデビュー
でしたからね。
当時はそれほどの実力がなくても女優が
歌っていた時代でしたし。
求めたのはあくまで映画女優ですから」
(東宝芸能)

それにしては沢口の映画作品といえば、
「ゴジラ」やUFOが迎えにやって来る
「竹取物語」くらいしか思い浮かばないが。

「ドラマ『科捜研の女』シリーズは15年以上も
続いていますし、映画に出ていただく
スケジュールが空けられないんです」
(同)

東宝芸能の“救世主”に、無理も言えない? 

「週刊新潮」2016年7月7日号 掲載

新潮社

デイリー新潮 7月10日(日)5時50分配信

http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20160710-00510433-shincho-ent

沢口靖子 ブログトップ

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。