So-net無料ブログ作成

映像監督・菅田将暉デビュー「僕にとって宝物」新アルバムMVで [映像監督・菅田将暉デビュー]

映像監督・菅田将暉デビュー
「僕にとって宝物」
新アルバムMVで


映像監督・菅田将暉デビュー.GIF
映像監督に初挑戦した菅田将暉(右)と主演の太賀


俳優で歌手の菅田将暉(26)が、
新アルバム「LOVE」
(7月10日発売)の
収録曲「クローバー」の
ミュージックビデオ(MV)で、
映像監督デビューを
果たしたことが12日、分かった。


親交の深い俳優・太賀(26)が
主演し、自らも出演。


当初は曲の長さに合わせて
5分ほどの映像を予定して
いたというが、最終的には
47分に及ぶ“大作”となった。


楽曲は、
シンガー・ソングライターの
石崎ひゅーい(35)が
作詞・作曲を担当。

歌詞にこめられた思いを、
菅田がくみ取った。


企画、プロデュース、監督、出演の
4役をこなす多才ぶりを発揮して、
構想から半年をかけて
オリジナルストーリーを仕上げた。


“菅田監督”にとって
主演に起用した太賀は、
ドラマ「ブラックボード」
(2012年)での共演や、
自身のラジオにゲスト出演して
もらうなど、約10年前から
公私にわたる付き合い。


気心しれた太賀との、
ショートフィルム「クローバー」の
撮影を振り返って、
「(四つ葉のクローバーの)
足りないものを補おうとする姿は、
まさに奇跡だなと思いました。


そしてその哲学を共有できた
仲間たちとの、足りないものを
補おうとする日々は
僕にとって宝物です」
と充実感を漂わせた。

菅田から演技指導も受けた太賀は、
「将暉の表現者としての変遷は、
友人としても勇気付けられる
ものがあります」
とリスペクト。


「僕にとって、彼は人生の
陽だまりです。そんな彼の
この歌が、誰かにとって、
ありふれた日常を照らす
陽だまりになりますように」
と願っていた。


デイリースポーツ6/13(木) 4:00配信


最終更新:6/13(木) 7:25


https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20190613-00000000-dal-ent



■菅田将暉 コメント

数年前、「クローバー」という曲を
ひゅーいくんが弾き語りしてくれました。

描いてくれたその世界は、
まさに自分そのもので、
はたまたなりたい
自分そのもので、
いたく感動したのを
覚えています。

その後、四つ葉のクローバーに
ついて調べていくなかで、
彼らは、日があまり当たらない
ところや人によく踏まれるところに
できるということを知りました。

その足りないものを補おうと
する姿は、まさに奇跡だなと
思いました。

そしてその哲学を共有できた
仲間たちとの、足りないものを
補おうとする日々は僕にとって
宝物です。

というかそれがすべてなんです。

そんな誰にも見せる必要のない
日々を今のうちに残したい、
と制作に取り掛かりました。

5分のつもりで書いたものが
いつのまにか50分近い作品に
なってしまいましたが、

もしよろしければ見てください。

■太賀 コメント

菅田将暉の表現者としての変遷は、
友人としても勇気付けられる
ものがあります。

出会って10年近く経ちますが、
いつの日も変わらず、
モノづくりの話で気づいたら
朝になります。

とはいえ、そんな彼がまさか
監督をやるなんて。

さすがに想像もしてませんでしたが、
想像してみたそれ以上に
特別な撮影になりました。

将暉のために、ひゅーい君が
書き下ろした「クローバー」は
優しく、素朴で、とても彼に
似合っている。

初めて聴いたとき、
僕はこの歌をよく知っている
ような気がしました。

そして、なんだか元気がでました。

僕にとって、彼は人生の陽だまりです。

そんな彼のこの歌が、誰かにとって、
ありふれた日常を照らす
陽だまりになりますように。


映像監督・菅田将暉デビュー-1.GIF
菅田将暉 熱愛報道の人気女優と高校生に











nice!(1)  コメント(0) 

nice! 1

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。