So-net無料ブログ作成

バドミントン リオデジャネイロ五輪代表発表会見 奥原が泣いた 「ここに立っていることが奇跡」 [バドミントン 奥原希望]

バドミントン 奥原が泣いた「ここに立っていることが奇跡」

奥原希望.GIF


バドミントンの
リオデジャネイロ五輪代表発表会見が9日、
都内で行われ、女子シングルスのメダル候補の
奥原希望(21=日本ユニシス)が
「ここに立っていることが奇跡」と、
感極まって涙を浮かべた。

「2度目にケガをした時のことを思うと、
こみ上げてきた」と話した。


13年に左膝半月板を損傷し、
復帰してすぐの14年に今度は右膝半月板を損傷。

目指すのは「東京(五輪)かな」と1度は
あきらめかけたが、復帰後のリオ五輪レースで
結果を残し、世界のトップへとへ大きく羽ばたいた。

優勝候補として周囲から警戒される存在だが
「まだまだ技術を磨きたい」と余念がない。

粘り強く球を拾うのが身上だが、さらに
「攻めて、決めきる力をつけたい」と
五輪までの課題を挙げた。

日刊スポーツ 5月9日(月)21時13分配信
nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

トラックバック 0

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。